Digin' NBA

知りたいことが0からわかる

2021-22|NBAシューティングガードの年俸ランキングTOP10



スポンサードリンク

NBA Rakuten最新情報

画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/ 

LEAGUE PASSのシーズンプランが、通常19,800円のところ今なら9,900円に大幅値下げ中です!!

今年9月に開催されるNBA JAPAN GAMESのチケット先行販売に参加できるのはLEAGUE PASS契約者だけ!


\ 今なら50%OFF!/
LEAGUE PASSの詳細はこちら




スポンサードリンク






このブログでは以前、2021-22シーズンNBAポイントガード年俸ランキングを紹介しました。


その中でもいろいろな発見がありましたので、別のポジションについても見ておきたいと思います。

ということで今回は、2021-22シーズンNBAシューティングガード年俸ランキングを見ていきましょう。



その他のポジションについても2021-22シーズンの年俸ランキングを紹介していますので。興味がある方はこちらも覗いてみてください。





押さえておきたいポイント

"2021-22シーズンのシューティングガード年俸ランキング"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 2021-22シーズンNBAサラリーキャップは?
  2. 過去10年と比べてどう?
  3. SGの年俸ランキングは?
  4. その選手の契約内容は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"2021-22シーズンのシューティングガード年俸ランキング"について紹介していきます。



2021-22シーズンNBAのお金事情

まずは2021-22シーズンNBAのお金事情についてざっくりと確認しておきましょう。


先日行われたNBAの発表によると、2021-22シーズンのサラリーキャップ$112,414,000に設定されたそうです。

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた過去2シーズンのサラリーキャップが$109,140,000でしたので、そこから少し上昇していることが分かります。


f:id:jasonKIDO:20210923220040j:plain


ちなみに10年前の2011-12シーズン、NBAサラリーキャップ$58,044,000でした。

グラフを見ても分かる通りこの10年で2倍近くにまで膨れ上がっています。


サラリーキャップが2倍になっているこということは、それだけNBA選手の年俸も上昇しているということ。


特にトップのスター選手たちの年俸を見るとその上昇は顕著です。

10年前には考えられなかったような大型契約も続々と結ばれ、年俸ランキングの金額もどんどん高額になってきています。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



次は実際に2021-22シーズンの年俸ランキングを見ていきましょう。




2021-22 SG年俸ランキング

ではここから2021-22シーズンのシューティングガード年俸ランキングを紹介していきます。

各選手の契約内容も合わせてご覧下さい。 *1


第10位 Jaylen Brown



  • 2021-22 年俸:$26,758,928
  • チーム:Boston Celtics
  • 契約内容:4年 $106,333,334(2024年まで)


2021-22シーズンのシューティング年俸ランキング、第10位にはボストンセルティックスのジェイレン・ブラウンがランクインしました。

ブラウンは2019年にボストンセルティックスと4年$106,333,334の契約延長を締結していて、2021-22シーズンの年俸は$26,758,928にのぼります。


またこの契約にはインセンティブが含まれているため、65試合出場やオールスター選出などを達成すれば更に増加する可能性も。

今季の活躍だけでなく、彼のインセンティブにも注目したいと思います。



第9位 Donovan Mitchell

  • 2021-22 年俸:$28,103,500
  • チーム:Utah Jazz
  • 契約内容:5年 $163,000,300(2026年まで)


第9位はユタジャズのドノバン・ミッチェルです。

ミッチェルは2020年にジャズと5年$163,000,300の契約延長を結びました。


これはマックス金額での契約ですので、同年代の中でも頭一つ抜けた年俸を受け取ることになります。

ちなみに昨シーズンの年俸から$22,907,999アップというのは、今季のNBAで2番目に大きな年俸アップ額です。




第8位 D'Angelo Russell

  • 2021-22 年俸:$30,013,500
  • チーム:Minnesota Timberwolves
  • 契約内容:4年 $117,325,500(2023年まで)


ミネソタティンバーウルブズのディアンジェロラッセが第8位にランクイン。

ラッセルは2019年にサイン&トレードでゴールデンステートウォーリアーズへ移籍する際、ブルックリンネッツと4年$117,325,500の大型契約を結んでいます。


これもいわゆるマックス契約です。

マックス契約についての詳細は別の記事で詳しく紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。




第7位 C.J. McCollum



  • 2021-22 年俸:$30,864,198
  • チーム:Portland Trail Blazers
  • 契約内容:3年 $100,000,000(2024年まで)


第7位はポートランドトレイルブレイザーズのCJマッカラムです。

マッカラムは今回のTOP10の中で唯一、まだ一度もオールスターに選出されたことがない選手


それでもこの3年$100,000,000という契約はスター選手と比べても何ら遜色ありません。

本当にこの大型契約に見合う選手なのか、新契約が始まる今季は彼の真価が問われる1年と言えそうです。




第6位 Devin Booker

  • 2021-22 年俸:$31,650,600
  • チーム:Phoenix Suns
  • 契約内容:5年 $158,253,000(2024年まで)


第6位にはフェニックスサンズのデビン・ブッカーがランクイン。

2020-21シーズンには2度目のオールスター選出を果たし、ついにチームをNBAファイナルに導きました。


そんなブッカーの現在の契約は2023-24シーズンまで。

彼のここ数年の活躍や躍進ぶりを考えると、そのあとに続く契約はスーパーマックス契約になることも十分に考えられます。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する




第5位 Jrue Holiday

  • 2021-22 年俸:$32,431,333
  • チーム:Milwaukee Bucks
  • 契約内容:4年 $134,997,333(2025年まで)


ミルウォーキーバックスのドリュー・ホリデーが第5位に登場です。

ホリデーは2021年4月にバックスと4年$134,997,333の契約延長を結んでいます。


その後NBAファイナルでは攻守に渡ってチームを牽引し、見事この大型契約の期待に応えました。

連覇の期待も掛かる今季、彼がチームの鍵を握る選手の一人となることは間違いありません。



第4位 Bradley Beal



  • 2021-22 年俸:$34,502,129
  • チーム:Washington Wizards
  • 契約内容:2年 $71,764,430(2023年まで)


ワシントンウィザーズのブラッドリー・ビールが第4位にランクインです。

リーグ屈指のスコアラーのビールが結んでいるのは意外にも短い2年$71,764,430という契約。


というのもこの契約では来季2022-23シーズンがプレーヤーオプションとなっていますので、もしオプションを行使しなかった場合には新たに5年$266,000,000にものぼる契約が見込めるわけです。

ビールの今後の去就を大きく左右することになる今季の好調ウィザーズには注目です。



第3位 Klay Thompson

  • 2021-22 年俸:$37,980,720
  • チーム:Golden State Warriors
  • 契約内容:5年 $189,903,600(2024年まで)


第3位はゴールデンステートウォーリアーズのクレイ・トンプソンです。

トンプソンはスーパーマックスの資格を獲得するに至らず、2019年にウォーリアーズと5年$189,903,600のマックス契約を締結しました。


とはいっても彼の今季の年俸は$37,980,720

リーグ最高年俸のカリーと合わせると$83,761,686ですので、二人だけで今季ウォーリアーズのサラリーキャップの殆どを占めていることになります。



第2位 Paul George

  • 2021-22 年俸:$39,344,900
  • チーム:Los Angeles Clippers
  • 契約内容:4年 $176,265,466(2025年まで)


ロサンゼルスクリッパーズポール・ジョージが第2位に登場です。

クリッパーズは2020年12月にジョージと4年$176,265,466の契約延長を締結。


さらに2021年にはカワイ・レナードと4年$176,265,152の契約も果たしています。

レナードが怪我でしばらく出場できませんので、ジョージがクリッパーズをどこまで引き上げることが出来るのか注目です。



第1位 James Harden



  • 2021-22 年俸:$44,310,840
  • チーム:Brooklyn Nets
  • 契約内容:4年 $171,131,520(2023年まで)


見事今季のシューティングガード年俸ランキング第1位に輝いたのは、ブルックリンネッツのジェームズ・ハーデンです。

ハーデンは2017年に史上2人目となるスーパーマックス契約を結んでいますので、今回のランキングでは唯一の$40millionオーバーです。


現地報道によると、来季プレーヤーオプションとなるハーデンにチームは契約延長を望んでいるとのこと。

既にケビン・デュラントとの契約延長を結んでいるネッツですが、カイリー・アービングとハーデンの動き次第ではチームが大きく変わることになりそうです。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



今回紹介したTOP10以下のランキングも一覧にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。


2021-22 SG年俸ランキング(スクロール可能)

 順位  選手  チーム   年俸 
1 James Harden BKN $44,310,840
2 Paul George LAC $39,344,900
3 Klay Thompson GSW $37,980,720
4 Bradley Beal WAS $34,502,129
5 Jrue Holiday MIL $32,431,333
6 Devin Booker PHX $31,650,600
7 C.J. McCollum POR $30,864,198
8 D'Angelo Russell MIN $30,013,500
9 Donovan Mitchell UTH $28,103,500
10 Jaylen Brown BOS $26,758,928
11 DeMar DeRozan CHI $26,000,000
12 Buddy Hield SAC $23,085,960
13 Tim Hardaway Jr. DAL $21,306,816
14 Gary Harris ORL $20,482,143
15 Zach LaVine CHI $19,500,000
16 Eric Gordon HOU $18,218,818
17 Bogdan Bogdanovic ATL $18,000,000
18 Caris LeVert IND $17,500,000
19 Joe Harris BKN $17,357,143
20 Evan Fournier NYK $17,142,857
21 Gary Trent Jr. TOR $16,000,000
22 Norman Powell POR $15,517,242
23 Malik Beasley MIN $14,491,964
24  Kentavious Caldwell-Pope  WAS $13,038,862
25 Luke Kennard LAC $12,727,273
26 Terrence Ross ORL $12,500,000
27 Dillon Brooks MEM $12,200,000
28 Josh Hart NOP $12,000,000
29 Josh Richardson BOS $11,615,328
30 Jeremy Lamb IND $10,500,000
31 Anthony Edwards MIN $10,245,480
32 Danny Green PHI $10,000,000
32 Tomas Satoransky NOP $10,000,000
34 Alec Burks NYK $9,536,000
35 Talen Horton-Tucker LAL $9,500,000
36 Jalen Green HOU $8,992,200
37 De'Anthony Melton MEM $8,805,976
38 R.J. Barrett NYK $8,623,920
39 Alex Caruso CHI $8,600,000
40 Seth Curry PHI $8,207,518
41 Isaac Okoro CLE $6,720,720
42 Jalen Suggs ORL $6,593,040
43 Jarrett Culver MEM $6,395,160
44 Josh Giddey OKC $5,988,000
45 Pat Connaughton MIL $5,333,334
46 Hamidou Diallo DET $5,200,000
47 Josh Jackson DET $5,005,350
48 Louis Williams ATL $5,000,000
49 Kendrick Nunn LAL $5,000,000
50 Garrett Temple NOP $4,910,000




まとめ

今回は2021-22シーズンのシューティングガード年俸ランキングを紹介しました。

来季以降の年俸にも注目したいと思います。




最後に

「特集記事」というカテゴリーではNBAの様々なトピックについて投稿していますので是非覗いてみてください。

「特集記事」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.spotrac.com/



*1:ここで紹介する年俸額と各選手のポジションは記事作成時点のhttps://www.spotrac.com/に基づく