Digin' NBA

NBAも、Bリーグも、NCAAも。

生涯収入2,000億円!?ステフィン・カリーの年俸推移と全契約を解説




NBAのスーパースターであり、史上最高のシューターとして知られるステフィン・カリー

そんなカリーは、これまでにどれくらいの年俸を受け取っているのでしょうか?


ということで今回の記事では、カリーの年俸推移について解説したいと思います。

過去の契約内容なども詳しく見ていきましょう。





押さえておきたいポイント

"ステフィン・カリーの年俸"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. ステフィン・カリーはどんな選手?
  2. いくら稼いでいるの?
  3. NBAでの年俸推移は?
  4. どんな契約を結んできたの?
  5. 契約金額は日本円でいくら?

ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"ステフィン・カリーの年俸"について紹介していきます。



ステフィン・カリーについて

まずはカリーについて改めて見ておきましょう。

これまでの経歴や収入事情についてまとめました。


これまでの経歴


~ 主な受賞歴 ~

  • NBAチャンピオン:4回
  • ファイナルMVP:1回
  • シーズンMVP:2回
  • シーズン得点王:2回
  • オールスター選出:10回


2009年ドラフトの全体7位指名で、ゴールデンステート・ウォリアーズへと入団したステフィン・カリー

1年目からオールルーキーファーストチームに選出され、これまでに4度のNBAチャンピオン、2度のシーズンMVPなど数々の栄誉を獲得してきました。


カリーは史上最高のシューターとも称されており、2021-22シーズンには3ポイントシュート成功数の歴代記録を更新しています。

その実力は今なお衰えることを知らず、キャリア15年目のシーズンもリーグトップ選手として活躍中です。



生涯収入は2,000億円以上


カリーの凄さはバスケットボールの成績だけではありません。

彼がこれまでに稼いできた年俸もまたNBA史上最高クラスで、生涯収入は2,000億円以上にのぼると報じられています。


この金額の中で大きな割合を締めているのが、スポーツブランドアンダーアーマーとのスポンサー契約による収入です。

2013年からアンダーアーマーと契約しているカリーは、同ブランドと生涯契約を結ぶことが予想されており、その契約では合計10億ドル(1,500億円)近くの金額を受け取る見込みとのこと。


現在はアンダーアーマーから自身のブランドである「カリーブランド」も設立していて、これまでに様々なシグネチャーモデルのシューズが発売されています。

カリーも着用する「Curry 11」や「Curry 2 Low FloTro」などは日本でも人気ですので、ファンの方は是非チェックしてみて下さい。


\ 着用モデルの在庫はこちら!/
Amazon楽天市場Yahoo!



ステフィン・カリーの年俸推移

スポンサー収入で合計10億ドル(1,500億円)近く稼ぐカリーですが、もちろん選手としての年俸もNBA史上最高クラスの金額です。

次はカリーの年俸推移を見てみましょう。*1



ステフィン・カリーの年俸推移(スクロール可能)

年俸額 $1=150円
2009-2010 $2,710,560 4億0700万円
2010-2011 $2,913,840 4億3700万円
2011-2012 $2,508,901 3億7600万円
2012-2013 $3,958,742 5億9400万円
2013-2014 $9,887,642 14億8300万円
2014-2015 $10,629,213 15億9400万円
2015-2016 $11,370,786 17億0600万円
2016-2017 $12,112,359 18億1700万円
2017-2018 $34,682,550 52億0200万円
2018-2019 $37,457,154 56億1900万円
2019-2020 $40,231,758 60億3500万円
2020-2021 $40,491,877 60億7400万円
2021-2022 $45,780,966 68億6700万円
2022-2023 $48,070,014 72億1100万円
2023-2024 $51,915,615 77億8700万円
合計 $354,721,977 532億0800万円


グラフの通り、カリーの年俸は2017-18シーズンから大幅に増加していることが分かります。

これはカリーが2017年にNBA史上初となるスーパーマックス契約を結んだからです。


その結果カリーは2017-18シーズンにNBA年俸ランキング第1位の選手となり、そこから現在に至るまで7年連続でNBA年俸ランキング第1位に君臨し続けることとなりました。

さらにカリーはこの先のシーズンに関しても契約を締結していて、実際は2025-26シーズンまでNBA年俸ランキング第1位が続く見込みです。


次はそんなカリーの契約について詳しく見ていきましょう。


NBA Rakutenが無料!/
楽天モバイルのキャンペーンを見る




ステフィン・カリーの契約まとめ

これまでにカリーはNBAで様々な契約を結んできました。

歴代の契約はこちら。*2


ステフィン・カリー 歴代契約(スクロール可能)

期間 総額 $1=150円
2009〜2012 4年 $12,700,262 19億0500万円
2013〜2016 4年 $44,000,000 66億0000万円
2017〜2021 5年 $201,158,790 301億7400万円
2022〜2025 4年 $215,353,664 323億0300万円


スーパーマックス契約など、非常に高額な契約が並んでいます。

それぞれの契約について詳しく見てみましょう。


2009〜2012

2009〜2012

  • 期間:4年
  • 総額:$12,700,262(19億0500万円)


カリーがNBAで最初に結んだのは、ルーキー契約というものです。

ドラフト1巡目指名でNBA入りした選手は、指名順位が高いほど契約金額が高くなる契約を結びます。


カリーは2009年のドラフト1巡目7位指名でNBA入りしましたので、4年$12,700,262(19億0500万円)の契約を結びました。

この年のルーキーの中では7番目に契約な金額とはいえ、リーグ全体で見るとまだまだ低い金額に収まっているとも言えます。




2013〜2016

2013〜2016

  • 期間:4年
  • 総額:$44,000,000(66億0000万円)


NBAデビューからの4年間に規定の成績を残した選手は、他の同期選手よりも大きな契約を結ぶことが可能です。

ただカリーは2011-12シーズンの大半を怪我で欠場したこともあり、4年$44,000,000(66億0000万円)という将来のMVP選手にしては控えめな契約に合意しています。(※ 同期のブレイク・グリフィンは5年$94,538,626の契約を締結)


当時はこの契約内容ですらウォーリアーズにとってかなりリスクのある契約だと批判されており、カリーの度重なる怪我が不安視されていました。

しかしカリーの契約をこの内容に抑えたことが、後のファイナルMVPアンドレ・イグダーラ獲得に繋がり、NBAを席巻するウォーリアーズ旋風へと繋がっていくことになります。



2017〜2021

~ 2017〜2021 ~

  • 期間:5年
  • 総額:$201,158,790(301億7400万円)


ウォーリアーズをNBAチャンピオンへと導き、2015年から2年連続でシーズンMVPに輝くなど、この契約を結ぶ頃にはNBAの顔として大活躍を続けていたカリー。

その結果、2017年7月に5年$201,158,790(301億7400万円)という当時NBA史上最高額の契約を締結しました。


これはいわゆるスーパーマックス契約と呼ばれるもので、シーズンMVP獲得などの厳しい条件を達成した選手にのみ許される契約です。

NBAでスーパーマックス契約が規定されたのが2017年からですので、カリーはNBAにおけるスーパーマックス契約の第1号ということで当時大きな話題になりました。



2022〜2025

2022〜2025

  • 期間:4年
  • 総額:$215,353,664(323億0300万円)


すでに3度のNBAチャンピオンに輝いていたNBAのスーパースターは、2021年にウォーリアーズとの契約延長に合意しました。

これの契約は4年$215,353,664(323億0300万円)で、カリーが38歳になる2025-26シーズンまで続く見込みです。


選手としてはキャリア終盤に差し掛かっているカリーですが、おそらく40歳頃までプレーするのではないかと言われています。

カリーはこのままウォーリアーズで引退したいと語っていますので、次の契約にも注目しておきましょう。


NBA Rakutenが無料!/
楽天モバイルのキャンペーンを見る




まとめ

今回はステフィン・カリーの年俸推移と契約について解説しました。

カリーの年俸や契約にも注目して、NBAをさらに楽しみましょう!




*1:ここで紹介する金額はhttps://www.spotrac.com/のデータを基にしています。

*2:ここで紹介する金額はhttps://www.spotrac.com/のデータを基にしています。