Digin' NBA

知りたいことが0からわかる

2021-22|NBAポイントガードの年俸ランキングTOP10



スポンサーリンク

ネイチャーカン セール情報

画像引用元:https://www.myprotein.jp/ 

Naturecan Fitness公式サイトでは、人気のプロテインやサプリメントが全品40%OFFで購入できる「お盆セール」を開催中!

クーポンコード【diginnba】使用すると、そこからさらに15%OFFで購入できます!!


\ クーポンの適用はこちらから!/
現在開催中のセール会場を見る





スポンサーリンク






このブログでは以前、2021-22シーズンNBAの年俸一覧を紹介しました。


そこではチーム毎に選手の年俸を紹介しましたので、改めてポジション別の年俸についてもざっくり見ておきましょう。

ということで今回は2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキングを紹介します。



その他のポジションについても2021-22シーズンの年俸ランキングを紹介していますので。興味がある方はこちらも覗いてみてください。





押さえておきたいポイント

"2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキング"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 2021-22シーズンNBAサラリーキャップは?
  2. 過去10年と比べてどう?
  3. PGの年俸ランキングは?
  4. その選手の契約内容は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキング"について紹介していきます。



2021-22シーズンNBAのお金事情

まずは2021-22シーズンNBAのお金事情についてざっくりと確認しておきましょう。


先日行われたNBAの発表によると、2021-22シーズンのサラリーキャップ$112,414,000に設定されたそうです。

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた過去2シーズンのサラリーキャップが$109,140,000でしたので、そこから少し上昇していることが分かります。


f:id:jasonKIDO:20210923220040j:plain


ちなみに10年前の2011-12シーズン、NBAサラリーキャップ$58,044,000でした。

グラフを見ても分かる通りこの10年で2倍近くにまで膨れ上がっています。


サラリーキャップが2倍になっているこということは、それだけNBA選手の年俸も上昇しているということ。


特にトップのスター選手たちの年俸を見るとその上昇は顕著です。

10年前には考えられなかったような大型契約も続々と結ばれ、年俸ランキングの金額もどんどん高額になってきています。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



次は実際に2021-22シーズンの年俸ランキングを見ていきましょう。




2021-22 PG年俸ランキング

ではここから2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキングを紹介していきます。

各選手の契約内容も合わせてご覧下さい。 *1


第10位 Kyle Lowry



  • 2021-22 年俸:$26,984,128
  • チーム:Miami Heat
  • 契約内容:3年 $85,000,002(2024年まで)


2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキング第10位はカイル・ラウリーです。

シーズン開幕前にサイン&トレードトロントラプターズからマイアミヒートへと移籍したラウリー。


その際新たに結んだのは3年$85,000,002の契約で、今季の年俸額は$26,984,128です。

気が付けばもう35歳になっているラウリーですが、この年俸を見てもまだまだ彼がリーグトップクラスのポイントガードとして高く評価されていることがよく分かります。




第9位 De'Aaron Fox

  • 2021-22 年俸:$28,103,500
  • チーム:Sacramento Kings
  • 契約内容:5年 $163,000,300(2026年まで)


第9位はサクラメントキングスのディアロン・フォックスです。

リーグ最速の選手との呼び声も高いフォックスは2020年12月にキングスと5年$163,000,300の契約延長を締結しています。


マックス金額の契約ということで、いよいよプレーだけでなく年俸でもスター選手の仲間入りです。

今季こそはチームを2006年以来のプレーオフに導くことが出来るのでしょうか。




第8位 Jamal Murray

  • 2021-22 年俸:$29,467,800
  • チーム:Denver Nuggets
  • 契約内容:5年 $158,253,000(2025年まで)


第8位にはジャマール・マレーがランクイン。

フォックスと同様マレーも5年$158,253,000という大型契約を結んでいます。


昨シーズンは1試合平均21.2得点4.8アシスト4.0リバウンドという素晴らしい成績を残していましたが、残念ながら怪我の影響でプレーオフには出場することが出来ませんでした。

今季こそは是非ともプレーオフで活躍する姿を見たいところ。



第7位 Chris Paul



  • 2021-22 年俸:$30,800,000
  • チーム:Phoenix Suns
  • 契約内容:4年 $120,000,000(2025年まで)


第7位はクリス・ポールの$30,800,000です。

今回紹介するTOP10の中では最年長の36歳を迎えたクリス・ポールですが、未だにNBA最高のポイントガードとしてリーグを牽引しています。


そんなポールは今季フェニックスサンズと4年$120,000,000の大型契約を結びました。

この契約は40歳になる2025年まで続くことになりますので、彼がいかに信頼の置かれた選手なのかを改めて感じることが出来ます。



第6位 Ben Simmons

  • 2021-22 年俸:$33,003,936
  • チーム:Philadelphia 76ers
  • 契約内容:5年 $177,243,360(2025年まで)


第6位には今シーズン何かと話題のベン・シモンズがランクインしています。

オフシーズンからチームとの決別を名言してきたシモンズ。


シクサーズは彼を簡単に放出するつもりはないそうですが、これだけこじれた関係を修復するのは安易なことではありません。

未だに先行きの見えない状況ですので、今後の展開に注目したいと思います。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



第5位 Kyrie Irving

  • 2021-22 年俸:$34,916,200
  • チーム:Brooklyn Nets
  • 契約内容:4年 $136,490,600(2023年まで)


第5位はブルックリンネッツのカイリー・アービングです。

アービングは現在4年$136,490,600の契約を結んでおり、2021-22シーズンの年俸は$34,916,200にものぼります。


今シーズンも開幕前から話題に事欠かないアービングですが、昨シーズンの罰金ランキングでは第1位に輝いています

このブログで以前2020-21シーズンの罰金額ランキングも紹介しましたので、こちらも合わせてご覧ください。




第4位 Damian Lillard



  • 2021-22 年俸:$39,344,900
  • チーム:Portland Trail Blazers
  • 契約内容:4年 $176,265,152(2025年まで)


ポートランドトレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが第4位にランクイン。

リラードが結んでいるのは4年$176,265,152の超大型契約で、いわゆるスーパーマックス契約と呼ばれるものです。


現在スーパーマックス契約を結んでいるNBA選手は7人いますが、そのうち4名がポイントガードの選手

お察しの通り、この後のランキングに登場する上位選手たちは皆そのスーパーマックス契約を結んでいます。




第3位 Russell Westbrook

  • 2021-22 年俸:$44,211,146
  • チーム:Los Angeles Lakers
  • 契約内容:5年 $206,794,070(2023年まで)


第3位はラッセル・ウェストブルックです。

シーズン開幕前に新天地ロサンゼルスレイカーズへと移籍を果たしたウェストブルック。


スーパーマックス契約の選手はその巨額のサラリーから移籍交渉が難航しがちですが、希望通りレイカーズへの移籍が実現しました。

今季いよいよ本格的に優勝が狙えるチームへ移籍することが出来ましたので、ファンとしては彼がファイナルに出場している姿をぜひ見てみたいところです。



第2位 John Wall

  • 2021-22 年俸:$44,310,840
  • チーム:Houston Rockets
  • 契約内容:4年 $171,131,520(2023年まで)


ヒューストンロケッツのジョン・ウォールが第2位にランクイン。

彼は2017年にスーパーマックス契約を結んでいます。


その後の度重なる大怪我で不良債権と化していたウォールですが、2021年の復帰後に見せたプレーはやはり目を奪われるものがありました。

既にロケッツと袂を分かつことに合意しているとのことで、残り2シーズン残ったサラリーをどのチームが受け入れるのかにも注目です。



第1位 Stephen Curry



  • 2021-22 年俸:$45,780,966
  • チーム:Golden State Warriors
  • 契約内容:5年 $201,158,790(2022年まで) *2


2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキング、栄えある第1位に輝いたのはゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリーです。

2017年に史上初のスーパーマックス契約を結んだカリーですが、気付けば今季がその契約の最終年。


今シーズン開幕前には4年$215,353,664の契約延長を結んでいますので、次の契約は2025-26シーズンまで続きます。

ちなみにこの契約で2025-26シーズンの年俸は$59,606,817という前人未到の金額になる見込みです。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



今回紹介したTOP10以下のランキングも一覧にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。


2021-22 PG年俸ランキング(スクロール可能)

 順位  選手  チーム  年俸
1 Stephen Curry GSW  $45,780,966 
2 John Wall HOU $44,310,840
3 Russell Westbrook LAL $44,211,146
4 Damian Lillard POR $39,344,900
5 Kyrie Irving BKN $35,328,700
6 Ben Simmons PHI $33,003,936
7 Chris Paul PHX $30,800,000
8 Jamal Murray DEN $29,467,800
9 De'Aaron Fox SAC $28,103,500
10 Kyle Lowry MIA $26,984,128
11 Malcolm Brogdon IND $21,700,000
12 Mike Conley UTH $21,000,000
13 Fred VanVleet TOR $19,675,926
14 Goran Dragic TOR $19,440,000
15 Lonzo Ball CHI $18,604,651
16 Eric Bledsoe LAC $18,125,000
17 Terry Rozier CHA $17,905,263
18 Ricky Rubio CLE $17,800,000
19 Spencer Dinwiddie WAS $17,142,857
20 Markelle Fultz ORL $16,500,000
21 Dejounte Murray SAS $15,428,880
22 Derrick White SAS $15,178,571
23 Marcus Smart BOS $14,339,285
24 Patrick Beverley MIN $14,320,989
25 Derrick Rose NYK $13,445,120
26 Jordan Clarkson UTH $12,420,000
27 Devonte' Graham NOP $11,000,000
28 Reggie Jackson LAC $10,384,500
29 Luka Doncic DAL $10,174,391
30 Cade Cunningham DET $10,050,120
31 Ja Morant MEM $9,603,360
32 Monte Morris DEN $8,849,071
33 Kemba Walker NYK $8,729,020
34 Delon Wright ATL $8,526,316
35 Tyus Jones MEM $8,376,286
36 Trae Young ATL $8,326,471
37 LaMelo Ball CHA $8,231,760
38 T.J. McConnell IND $7,500,000
39 Darius Garland CLE $7,040,880
40 D.J. Augustin HOU $7,000,000
41 Cameron Payne PHX $6,500,000
42 Collin Sexton CLE $6,349,671
43 Dennis Schröder BOS $5,890,000
44 Patrick Mills BKN $5,890,000
45 Coby White CHI $5,837,760
46 Killian Hayes DET $5,572,680
47  Shai Gilgeous-Alexander  OKC $5,495,532
48 Kris Dunn BOS $5,005,350
49 Cory Joseph DET $4,910,000
50 Davion Mitchell SAC $4,603,320




まとめ

今回は2021-22シーズンのポイントガード年俸ランキングを紹介しました。

来季以降の年俸にも注目したいと思います。




最後に

「特集記事」というカテゴリーではNBAの様々なトピックについて投稿していますので是非覗いてみてください。

「特集記事」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.spotrac.com/



*1:ここで紹介する年俸額と各選手のポジションは記事作成時点のhttps://www.spotrac.com/に基づく

*2:2021年8月にこの契約に続く契約延長を行っているので厳密には2026年までとなる