Digin' NBA

気になるアレコレを深堀りする

渡邊雄太の成績を学生時代からNBAまで全てまとめました



スポンサーリンク

ネイチャーカン セール情報

画像引用元:https://naturecan-fitness.jp/ 

現在Naturecan Fitness公式サイトでは、人気のプロテインやサプリメントが最大50%OFFで購入できるサイバーマンデーセールを開催中!

クーポンコード【diginnba】使用すると、そこからさらに15%OFFで購入できます!!


\ クーポン適用はこちら!/
公式サイトのセール会場を見る





スポンサーリンク






このブログでは以前、八村塁選手のこれまでの成績をまとめました。


今回は渡邊雄太選手にも注目したいと思います。

これまで渡邊選手が残してきた成績や日本代表歴などを、学生時代からNBAまでまとめて振り返ってみましょう。



他の日本人選手たちの成績についてまとめた記事もありますので是非ご覧下さい。






押さえておきたいポイント

"渡邊選手の成績"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 渡邊雄太って?
  2. これまでの経歴は?
  3. 高校時代の成績は?
  4. プレップスクール時代の成績は?
  5. 大学時代の成績は?
  6. NBAやGリーグでの成績は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"渡邊選手の成績"について紹介していきます。



渡邊雄太

まずは渡邊雄太選手について確認しておきましょう。

ここでは渡邊選手の簡単なプロフィールやこれまでの経歴をざっくりとご覧下さい。


プロフィール



  • 身長:206cm
  • 体重:98kg
  • ポジション:SF/PF
  • NBAキャリア:2018〜


1994年生まれ、香川県出身渡邊雄太選手。

2018年にドラフト外からメンフィスグリズリーズへ入団し、田臥勇太選手以来2人目の日本人NBAプレーヤーとなりました。




これまでの経歴




高校は地元香川県の強豪尽誠学園高校に進学。

身長とウイングスパンを武器に1年生からスターターとして活躍し、高校2年生のときには最年少で日本代表へ選出されました。


高校卒業後はNBAを目指すためアメリカに渡り、セントトーマス・モアスクールへと入学。

プレップスクール(大学入学前の準備学校)でも素晴らしいプレーを見せた渡邊選手は、ジョージ・ワシントン大学から日本人初となるNCAAディビジョン1のバスケットボール奨学金を勝ち取ります。


ジョージ・ワシントン大学には4年間在籍し、4年目にはチームのキャプテンを任されるまでに。

大学4年間で持ち前のバスケIQやディフェンス能力に磨きをかけた渡邊選手は、群雄割拠のNCAAディビジョン1においても徐々に注目されるようになりました。


大学卒業後にドラフト指名こそありませんでしたが、サマーリーグでの活躍が認められメンフィスグリズリーズへ入団。

2021年にはトロントラプターズと念願のNBA本契約を結んでいます。


Bリーグが最大6ヶ月無料!/
バスケットLIVEのキャンペーンを見る




学生時代・NBAでの成績

ではここから渡邊選手の成績を振り返っていきます。

主な大会結果や受賞歴についても合わせてみて見ていきましょう。 *1 *2


尽誠学園



◯ 大会結果



◯ 受賞歴



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   RE   AST   FG%   3P%   FT% 
2010 インターハイ  2試合   42:24  15.5 12.5 1.0 55.0% 0.0% 60.0%
2010 ウインターカップ 2試合 36:24 8.0 13.5 0.0 41.2% 0.0% 33.3%
2011 インターハイ 3試合 - 23.6 - - - - -
ウィリアム・ジョーンズカップ (2011) 5試合 23:35 7.4 5.2 1.2 40.0% 0.0% 81.8%
2011 ウインターカップ 6試合 37:59 25.3 14.3 2.3 54.4% 33.3% 83.0%
2012 インターハイ 1試合 - - - - - - -
FIBAアジアU-18選手権 (2012) 9試合 28:48 12.7 7.2 1.6 42.3% 22.2% 68.7%
2012 ウインターカップ 6試合 37:26 26.7 17.5 2.0 49.6% 0.0% 67.9%
東アジア選手権 (2013) 5試合 8:52 4.8 3.0 0.6 57.1% 0.0% 0.0%
アジア選手権 (2013) 4試合 8:08 5.3 1.3 0.5 44.4% 0.0% 71.4%


1年生からスターターとしてプレーしていた渡邊選手は初めてのインターハイでいきなり1試合平均15.5得点12.5リバウンドのダブルダブルをマーク。

高校2年生になると日本代表にも選出されるようになり、2011年のウィリアム・ジョーンズカップにおいて最年少ながら1試合平均7.4得点5.2リバウンドという成績を残しています。


国内では2年連続でチームをウインターカップ準優勝に導き、自身も2年連続で大会ベスト5に選出。

その頃には高校No.1プレーヤーとの呼び声も高く、いよいよ本人の目標でもあったアメリカ挑戦が現実味を帯び始めました。


ただ当時渡邊選手は英語が全く話せないということもあり、周囲では反対の声も多かったそうです。

そんなとき背中を押したのはあのレジェンド田臥勇太選手。


田臥選手が渡邊選手のご両親に電話をしたことが後押しとなって、ついにアメリカ留学が決まります。




セントトーマス・モア スクール



◯ チーム成績

  • 2013-14シーズン:26勝8敗



◯ 大会結果

  • 2014 全米プレップ招待選手権:準優勝



◯ 受賞歴



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合  出場時間   PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2014 全米プレップ招待選手権  3試合  - 13.3 4.3 - - - -


アメリカではまず初めにプレップスクールセントトーマス・モアスクールに入学しました。

プレップスクールとは大学に入学する前の準備学校のようなところ。


目ぼしい大学から声がかからなかった学生アスリートは、より高いレベルの大学に入学する為にプレップスクール期間で自身の能力を証明しなければいけません。

渡邊選手もNCAAディビジョン1への入学を目指してセントトーマス・モアでプレーを続けました。


2014年の全米プレップ招待選手権では1試合平均13.4得点4.3リバウンドの活躍でチームを準優勝に導き、その大会のオールトーナメントチームに選出。

アメリカでも渡邊選手のバスケIQやシュート能力は高い評価を受けます。


その結果、ついにNCAAディビジョン1に属するジョージ・ワシントン大学からオファーが届きました。

フォーダム大学からもオファーがありましたが、最終的にはジョージ・ワシントン大学への入学を決めたそうです。




ジョージ・ワシントン大学



◯ チーム成績

  • 2014-15シーズン:22勝13敗
  • 2015-16シーズン:28勝10敗
  • 2016-17シーズン:20勝15敗
  • 2017-18シーズン:15勝18敗



◯ 大会結果

  • 2014 Diamond Head Classic:優勝
  • 2015 National Invitation Tournament:2回戦進出
  • 2016 National Invitation Tournament:優勝
  • 2016オリンピック予選:6位
  • 2017 College Basketball Invitational:ベスト8



◯ 受賞歴

  • A-10 All-Defensive Team(2017)
  • A-10 Defensive Player of the Year(2018)
  • A-10 All-Defensive Team(2018)
  • ALL A-10 3rd Team(2018)



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2014-15シーズン  35試合   22:30  7.4 3.5 0.6 38.4% 34.8% 83.1%
2015-16シーズン 38試合 27:42 8.4 4.0 1.4 42.2% 30.6% 70.7%
2016-17シーズン 28試合 35:06 12.2 4.8 2.5 44.4% 31.4% 81.7%
2017-18シーズン 33試合 36:36 16.3 6.1 1.6 43.7% 36.4% 80.7%
オリンピック予選 (2016) 2試合 22:41 7.0 4.0 1.0 38.5% 0.0% 100.0%


1年目はベンチスタートながらも1試合平均7.4得点3.5リバウンド

持ち前の献身的なプレーでカンファレンスのルーキーオブザウィークを複数回獲得しました。


1年目こそベンチスタートが多かったものの、2年目以降はほとんどの試合がスターター出場です。

2016年の全米招待トーナメントの際には1試合平均8.4得点4.0リバウンドの活躍でチームの初優勝にも貢献しています。


その後自身の武器であるディフェンスにも磨きをかけた渡邊選手は、3年目にA-10カンファレンスのオールディフェンシブチームに選出。

4年目にも2年連続でA-10カンファレンスのオールディフェンシブチームに選出され、さらにカンファレンスの最優秀守備選手賞も受賞しました。


そして次はいよいよNBAへの挑戦です。

残念ながら2018年のNBAドラフトで指名はされませんでしたが、サマーリーグでのプレーがメンフィスグリズリーズ入団へと繋がっていくこととなります。




NBA・Gリーグ



◯ チーム成績

  • 2018-19 NBA33勝49敗(ウエスト12位)
  • 2018-19 Gリーグ:28勝22敗プレーオフ準決勝)
  • 2019-20 NBA34勝39敗(ウエスト9位)
  • 2019-20 Gリーグ:26勝15敗(シーズン中止)
  • 2020-21 NBA27勝45敗イースト12位)



◯ 大会結果



◯ 受賞歴

  • ミッドシーズン オールGリーグチーム(2020)



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2018-19 サマーリーグ  5試合   24:00  9.4 4.2 1.2 41.0% 33.3% 100.0%
2018-19 NBA 15試合 11:36 2.6 2.1 0.5 29.4% 12.5% 70.0%
2018-19 Gリーグ 33試合 33:54 14.1 7.3 2.8 43.4% 33.6% 82.7%
2019-20 NBA 18試合 5:48 2.0 1.1 0.3 44.1% 37.5% 37.5%
2019-20 Gリーグ 22試合 32:42 17.2 6.0 1.9 54.6% 36.4% 81.6%
2020-21 NBA 50試合 14:30 4.4 3.2 0.8 43.9% 40.0% 82.8%
ワールドカップ (2019) 5試合 32:21 15.2 5.6 1.6 43.6% 15.4% 92.9%
東京オリンピック (2021) 3試合 35:30 17.7 8.0 2.0 45.2% 33.3% 71.4%


ドラフトで指名されなかった渡邊選手はブルックリンネッツの一員としてトレーニングキャンプに参加し、2018年のサマーリーグでは5試合に出場。

シュートの上手さとディフェンス能力の高さに目をつけたメンフィスグリズリーズは、渡邊選手と2way契約を結びます。


2way契約選手というのは、ざっくり言うとNBAと下部のGリーグの中間に位置しているようなイメージです。

渡邊雄太もGリーグでのプレーを主戦場とし、コールアップされた数少ないNBAの試合でコツコツと研鑽を重ねました。


グリズリーズではあまり出場時間に恵まれなかったものの、Gリーグでは1年目から33試合に出場。

2年目になると1試合平均17.2得点6.0リバウンドと頭一つ抜けた活躍でミッドシーズン オールGリーグチームに選出されます。


転機となったのはトロントラプターズと2way契約を結んで迎えた2020-21シーズン。

新型コロナウイルス感染対策で2way契約選手の出場制限が撤廃され、着実に成長を続けてきた渡邊選手にもチャンスが巡ってくることに。


怪我人が相次ぐラプターズにおいて50試合に出場し、プレータイムも平均14.5分と大幅に増加。

1試合平均4.4得点3.2リバウンドという数字だけ見ると物足りないようにも感じますが、ラプターズ陣営は渡邊選手の数字に残らない部分を高く評価していました。


チームは渡邊選手の献身的なプレーやバスケットボールIQの高さを評価し、2021年4月にNBA本契約を締結。

2way契約選手の出場制限が撤廃されていた中での本契約への切り替えというのが、チームの渡邊選手に対する信頼の証です。


その後2021年に開催された東京オリンピックでは、チームキャプテンとして1試合平均17.7得点8.0リバウンドの活躍。

自身初となるNBA本契約で迎えた2021-22シーズンも渡邊選手は更なる躍進を続けています。


Bリーグが最大6ヶ月無料!/
バスケットLIVEのキャンペーンを見る




まとめ

今回は渡邊雄太選手の成績を学生時代からNBAまでまとめました。

これからの成績にも注目していきたいと思います。




最後に

「まとめ」カテゴリーでは他にもNBAに関してまとめた記事を投稿していますので是非覗いてみてください。

「まとめ」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.sports-reference.com/cbb/
https://basketball.realgm.com/
https://www.basketball-reference.com/
http://www.japanbasketball.jp/



*1:ここで紹介する情報やスタッツはhttp://www.japanbasketball.jp/https://www.sports-reference.com/cbb/https://basketball.realgm.com/https://www.basketball-reference.com/を参考に筆者が独自に集計したものです。

*2:不明部分は「-」と表記しています。