Digin' NBA

知識0からNBAが解るブログ

八村・渡邉が活躍した2020-21シーズンのベストゲームまとめ



スポンサードリンク



スポンサードリンク





このブログでは以前、2020-21シーズンのNBAで絶対に観るべき試合を紹介しました。


2020-21シーズンもNBAでは歴史に残る試合が数多く繰り広げらましたが、日本人選手たちの活躍も忘れてはいけません。

ということで今回は八村塁・渡邊雄太が活躍した試合をまとめて紹介したいと思います。





押さえておきたいポイント

”八村・渡邉が活躍した試合"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 2020-21シーズンで八村が活躍した試合は?
  2. 2020-21シーズンで渡邊が活躍した試合は?
  3. それはどんな試合?
  4. 今からでも視聴できる
  5. どうやって視聴すればいいの?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、”八村・渡邉が活躍した試合”を紹介していきます。



八村塁が活躍した試合

まずは2020-21シーズンに八村塁選手が活躍した試合を紹介していきたいと思います。*1 *2

試合結果やスタッツを含む文章は隠してありますので、まだ試合を観ていない方もネタバレなく読んで頂くことが可能です。


2021.2.9 WAS vs CHI



まず1試合目はレギュラーシーズン前半に行われたシカゴブルズとの一戦です。

ケガ人や新型コロナウイルスプロトコルによって欠場者もあり、開幕から5勝15敗と下位に低迷していたウィザーズ。

ラッセル・ウエストブルックを欠くウィザーズでしたが、この試合で八村選手が素晴らしい活躍を見せます。


先発で出場した八村選手は前半19分だけで11得点をマーク。

さらにリバウンドは両チームでトップの5本を獲得しました。


後半も守備やリバウンドでチームに勢いをもたらした八村選手は、この試合19得点10リバウンドの活躍。

2020-21シーズン初めてのダブルダブル達成です。


シーズン平均118.5失点のウィザーズですがこの試合では堅守を見せ、シカゴブルズを101点に抑え込みます。

ブラッドリー・ビールの35得点などでリードを守りきったウィザーズが、ホームチームのシカゴブルズを4点差で下しました。



2021.3.31 CHA vs WAS



続いてはシーズン中盤の3月に行われたシャーロットホーネッツとの一戦です。

この試合ウィザーズはエースのブラッドリー・ビールが怪我の影響で前戦に続いて欠場。

エースを欠くチームで八村選手が躍動します。


八村選手は第1クォーターに7得点、第2クォーターに9得点と前半だけでチームトップの17得点をマーク。

エース不在のチームを牽引します。


後半も八村選手は得点でチームに貢献し、両チーム最多の14得点を獲得しました。

試合こそ負けてしまいましたが、八村選手は自身のキャリアハイタイとなる30得点を記録。


フィールドゴール試投数も自己最多の25本と、まさにビールの穴を埋めるべく奮闘した試合と言えるでしょう。



2021.5.4 IND vs. WAS



最後は5月に行われた、インディアナペイサーズとワシントンウィザーズの試合です。

このとき両チームはイースタンカンファレンスのプレーイントーナメント出場当落線上におり、タイブレーカー獲得のためにも絶対に負けられない状況。

主力であるマルコム・ブログドンを欠くペイサーズが、ラッセル・ウエストブルックとブラッドリー・ビールの活躍で勢いに乗るウィザーズのホームに乗り込みます。


開始から両チームともにテンポ良く攻撃を展開します。

特にウィザーズはシーズン最多となる前半82点を獲得しました。


八村選手は9得点4リバウンド2アシストの活躍。

しかしウエストブルックはさらにその上を行く8得点12リバウンド14アシストをマークし、チーム全体の攻撃を牽引します。


後半もペイサーズはウィザーズの勢いを止められず、154対141の点取合戦はホームのウィザーズに軍配が上がりました。

エストブルックはこの日14得点21リバウンド24アシスト


20リバウンド20アシストが達成されたのは、長いNBAの歴史でもウィルト・チェンバレンとウエストブルックだけです。

八村選手はチーム最多となる27得点で勝利に貢献しました。




渡邉雄太が活躍した試合

続いて2020-21シーズンに渡邊雄太選手が活躍した試合を見ていきましょう。*3 *4

同じく試合結果やスタッツなどは隠してあります。


2021.2.1 ORL vs TOR



まず1試合目は2月に行われたオーランドマジックとの一戦です。

3連敗中のラプターズにとっては何としても勝利が欲しい状況。

この試合で渡邊選手は攻守に躍動します。


渡邊選手は第1クォーター、2分18秒という短い出場時間の中でもしっかりと3Pシュートを沈めます。

第2クォーターには4分34秒出場し、得意の守備でもブロックを決めてチームに貢献しました。


後半も得点を重ねた渡邊選手はこの日3Pシュート3本を含む11得点をマーク。

さらキャリアハイとなる3ブロックを記録しています。


チームも115対102でマジックに勝利し、連敗脱出を果たしました。



2021.4.11 TOR vs CLE



続いては4月に行われたクリーブランドキャバリアーズとの一戦です。

この試合ラプターズはカイル・ラウリー、フレッド・バンブリート、パスカル・シアカムというスター選手が欠場。

必然的に出場機会も増えるこの試合で、渡邊選手はしっかりとチームに貢献します。


この試合の主役はラプターズゲイリー・トレントJr

前半だけで3Pシュート5本を含む25得点の大爆発。


トレントJrの活躍によってラプターズは球団記録となる前半87点を獲得しました。

渡邊選手も前半9分06秒の出場ながら、8得点1スティーの活躍で存在感を発揮します。


結局この試合でトレントJrはキャリアハイの44得点を叩き出し、主力3選手が欠場のチームを勝利に導きました。


渡邊選手は当時自己最多の14点を獲得。

DRB%も25.5とアーロン・ベインズに次ぐ好記録をマークするなど、得点以外の部分でもチームに貢献した一戦となりました。




2021.4.17 TOR vs ORL

最後はシーズン終盤の4月に行われたオーランドマジックとの一戦を紹介します。

ラプターズプレーオフ出場のために絶対に負けられない状況。

この試合で渡邊選手は様々な記録を打ち立てることになります。


ベンチから出場した渡邊選手は、第1クォーター4分33秒の出場で3本の3Pシュートを沈めます。

前半に獲得した11得点6リバウンドはともにチームトップの成績です。


その後も勢いに乗り得点を重ねた渡邊選手は、キャリアハイを大きく更新する21得点をマークしました。

この試合で記録したフィールドゴール試投数11本、フィールドゴール成功数6本、フリースロー試投数5本、フリースロー成功数5本は全てキャリアハイの数字です。


チームが不調の中でもこのような活躍を続けた渡邊選手。

この2日後、念願のNBA本契約を勝ち取ります。




これらの試合を視聴するには

ここまで八村塁・渡邊雄太が活躍した試合を紹介しましたので、それらの試合を視聴する方法もここで解説しておきたいと思います。

視聴する方法や契約方法について見ていきましょう。


NBA Rakutenから視聴可能

今回紹介した試合は全て、NBA Rakutenから視聴することが出来ます。

NBA Rakutenとは、その名の通り楽天が運営するNBA視聴・配信サービスです。


f:id:jasonKIDO:20201227213052j:plain

画像引用元:NBA Rakuten公式ページ


現在国内でNBAの試合が見られるのはNBA Rakutenだけ

なので今回紹介した試合を観るには、まずこのNBA Rakutenに登録する必要があります。


NBA Rakuten 公式ページはこちら



契約する方法

NBA Rakutenの契約方法については別の記事で詳しくまとめています。

まだ契約したことがないという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。


また、NBA Rakutenには視聴プランが複数あります。

初めて契約する際にネックとなるのが、どのプランにしたら良いのか分からないという点。


そういった方にはプランのメリット・デメリットを紹介した記事もありますので、こちらの記事も合わせてご覧下さい。


さらにオススメのプラン診断を使えば、あなたにピッタリのプランを1分で診断することも出来ます。

是非ご活用下さい。



キャンペーン・詳細

NBA RakutenではNBAをもっと楽しめるお得なキャンペーンを行っています。



今回紹介した各プランの詳細やキャンペーンについては、NBA Rakutenの公式ページでご確認ください。


NBA Rakuten 公式ページはこちら





スポンサードリンク






まとめ

今回は2020-21シーズンに八村・渡邊が活躍した試合を紹介しました。

この記事では紹介しきれなかった名試合も別の記事でまた紹介したいと思います。




最後に

「まとめ」カテゴリーでは他にもNBAに関してまとめた記事を投稿していますので是非覗いてみてください。

「まとめ」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.basketball-reference.com/




*1:ここで紹介するスタッツは記事作成時点のhttps://www.basketball-reference.com/より抜粋

*2:試合の日付は日本時間

*3:ここで紹介するスタッツは記事作成時点のhttps://www.basketball-reference.com/より抜粋

*4:試合の日付は日本時間