Digin' NBA

知りたいことが0からわかる

八村塁の成績を学生時代からNBAまで全てまとめました



スポンサードリンク

NBA Rakuten最新情報

画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/ 

LEAGUE PASSのシーズンプランが、通常19,800円のところ今なら9,900円に大幅値下げ中です!!

今年9月に開催されるNBA JAPAN GAMESのチケット先行販売に参加できるのはLEAGUE PASS契約者だけ!


\ 今なら50%OFF!/
LEAGUE PASSの詳細はこちら




スポンサードリンク






このブログでは以前、2021年ドラフト指名選手の学生時代の成績をまとめました。


今回は八村塁選手の学生時代にも注目したいと思います。

これまで八村選手が残してきた成績や日本代表歴などを、学生時代からNBAまでまとめて振り返ってみましょう。



他の日本人選手たちの成績についてまとめた記事もありますので是非ご覧下さい。






押さえておきたいポイント

"八村選手の成績"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 八村塁って?
  2. これまでの経歴は?
  3. 高校時代の成績は?
  4. 大学時代の成績は?
  5. NBAでの成績は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"八村選手の成績"について紹介していきます。



八村塁

まずは八村塁選手について確認しておきましょう。

ここでは八村選手の簡単なプロフィールやこれまでの経歴をざっくりとご覧下さい。


プロフィール



  • 身長:203cm
  • 体重:104kg
  • ポジション:PF
  • NBAキャリア:2019〜


1998年生まれ、富山県出身の八村塁選手。

ご存知の通り、日本人初のドラフト1巡目指名でワシントンウィザーズに入団を果たしました。




これまでの経歴



  • 高校:明成高校
  • 大学:ゴンザガ大学
  • NBAワシントン ウィザーズ


高校からは地元富山県を離れ、宮城の名門明成高校に進学します。

恵まれた体格と高いスキルで1年生から主力として活躍し、2014年には17歳以下の日本代表にも選出されました。


高校時代に国内外で輝かしい成績を残した八村選手は、アメリカの強豪校ゴンザガ大学に進学。

言語の壁や様々な文化の違いを乗り越え、全米でも有数のトップ選手にまで上り詰めます。


ゴンザガ大学で3年間プレーした後、2019年にNBAドラフトへエントリーを表明。

ドラフト1巡目全体9位指名でワシントンウィザーズに入団することとなりました。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで八村塁を観る




学生時代・NBAでの成績

ではここから八村選手の成績を振り返っていきます。

主な大会結果や受賞歴についても合わせて見ていきましょう。 *1 *2


明成高校



◯ 大会結果



◯ 受賞歴



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2013 ウィンターカップ  5試合   29:30  27.4 8.4 0.2 60.6% 0.0% 70.8%
2014 ウィンターカップ 5試合 - 28.0 - - 50.4% 30.8% 81.5%
2015 ウィンターカップ 5試合 - 22.4 13.0 - 53.8% - -
Albert Schweitzer Tournament (2014) 6試合 27:32 13.5 5.3 1.2 42.0% 42.9% 71.4%
U17 World Cup (2014) 7試合 34:50 22.6 6.6 0.7 39.4% 25.0% 64.3%
Jordan Classic International (2015) 1試合 18:00 9.0 5.0 0.0 40.0% 0.0% 50.0%


高校入学時に身長が2m近くあった八村選手は1年生からレギュラーとして活躍

1年生のときのウィンターカップでは1試合平均27.4得点8.4リバウンドという驚異的なスタッツ記録し、大会のベスト5に選出されました。


その後も破竹の勢いで成長を続けた八村選手はチームをウィンターカップ3連覇へ導き、自身も3年連続大会ベスト5選出という偉業を達成します。

ちなみにウィンターカップで3大会連続の大会ベスト5選出を果たしたのは、日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太以来17年ぶりの快挙です。


国内でもはや敵なしの八村選手は日本代表として様々な国際大会に出場。

またアンダーカテゴリの世界選抜とも言われるJordan Classic Internationalへの参加も果たしました。


そういった活躍は当然スカウトの目に留まり、アメリカの名門校ゴンザガ大学進学へ繋がっていくこととなります。




ゴンザガ大学



◯ チーム成績

  • 2016-17シーズン:37勝2敗
  • 2017-18シーズン:32勝5敗
  • 2018-19シーズン:33勝4敗



◯ 大会結果

  • 2017 NCAAトーナメント:準優勝
  • 2017 U19 World Cup 2017:10位
  • 2018 ワールドカップアジア予選:4位
  • 2018 NCAAトーナメント:ベスト16
  • 2018 Maui Invitational Tournament:優勝
  • 2019 NCAAトーナメント:ベスト8



◯ 受賞歴

  • John Wooden All American Team(2019)
  • Consensus All-American 1st Team(2019)
  • Julius Erving Award(2019)
  • WCC Player of the Year(2019)
  • Maui Invitational MVP(2019)



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2016-17シーズン  28試合   4:36  2.6 1.4 0.1 52.8% 28.6% 54.2%
2017-18シーズン 37試合 20:42 11.6 4.7 0.6 56.8% 19.2% 79.5%
2018-19シーズン 37試合 30:12 19.7 6.5 1.5 59.1% 41.7% 73.9%
U19 ワールドカップ (2017) 7試合 31:23 20.6 11.0 2.4 48.0% 32.0% 75.5%
ワールドカップ予選 (2018) 4試合 30:24 21.5 6.0 1.2 57.6% 28.6% 76.2%


八村選手はレッドシャツ期間を経ることなく、1年目からフレッシュマンとしてチームに参加しました。

まだ出場時間は限られていましたが、2016年11月にNCAAディビジョン1デビューを果たします。


2年目にはベンチスタートながら1試合平均11.6得点4.7リバウンドの活躍で存在感を発揮。

U19カテゴリの日本代表としてもチームを牽引しました。


3年目になるとフィジカルの強さとシュート精度にさらに磨きがかかり、全米でも屈指のフォワードへと成長を遂げます。


シーズンでは1試合平均21.5得点6.0リバウンドの数字をマークし、ウェストコーストカンファレンスの年間最優秀選手に。

また強豪校が招待されるマウイインビテーションでは、ザイオン・ウィリアムソン擁するデューク大学を決勝で下し一躍全米注目の選手となりました。


NCAAトーナメントは惜しくもファイナル4に届きませんでしたが、オールアメリカチームへの選出やジュリアス・アービング(全米ベストスモールフォワード賞)などのタイトルを総なめ。

名実ともに全米屈指のバスケットボール選手となった八村選手は、NBAドラフトへのエントリーを表明します。




NBA



◯ チーム成績



◯ 大会結果



◯ 受賞歴

  • NBA All-Rookie 2nd Team(2020)



◯ 個人スタッツ(スクロール可能)

出場試合 出場時間  PTS   REB   AST   FG%   3P%   FT% 
2019-20シーズン  48試合   30:06  13.5 6.1 1.8 46.6% 28.7% 82.9%
2020-21シーズン 57試合 31:30 13.8 5.5 1.4 47.8% 32.8% 77.0%
ワールドカップ (2019) 3試合 29:51 13.3 5.7 2.3 43.3% 0.0% 70.0%
東京オリンピック (2021) 3試合 37:33 22.3 6.7 2.0 40.9% 38.1% 71.4%


日本人初のNBAドラフト1巡目指名でワシントンウィザーズへの入団を果たした八村選手。

ルーキーシーズンから先発として活躍し、怪我の影響がありながらも1試合平均13.5得点6.1リバウンドという成績をマークします。


1試合平均6.1リバウンドはこの年40試合以上出場したルーキーの中でトップの数字です。

エースのジョン・ウォールを怪我で欠くチームは25勝47敗とプレーオフ進出を逃しましたが、個人としてはオールルーキー2ndチームに選出されました。


2年目は課題と言われていた3Pシュートにも徐々に改善が見られ、特にディフェンス面で安定感のあるプレーを発揮。

スタッツの数字だけを見るとあまり大きな変化は見えないものの、チームにおける八村選手への信頼が厚くなったのは火を見るよりも明らかです。


日本代表としては2019ワールドカップアメリカ戦を含む3試合に出場し、1試合平均13.3得点5.7リバウンド

開会式で旗手も務めた東京オリンピックでは、1試合平均22.3得点6.7リバウンドの活躍を見せました。


そして迎えた3年目。

記事作成時点では未だ出場に至っていませんが、今後も八村選手の活躍を末永く見られることをただただ願うばかりです。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで八村塁を観る




まとめ

今回は八村選手の成績を学生時代からNBAまでまとめました。

これからの成績にも注目していきたいと思います。




最後に

「まとめ」カテゴリーでは他にもNBAに関してまとめた記事を投稿していますので是非覗いてみてください。

「まとめ」カテゴリーの記事一覧




(参考)
http://www.japanbasketball.jp/
https://www.sports-reference.com/cbb/
https://basketball.realgm.com/
https://www.basketball-reference.com/



*1:ここで紹介する情報やスタッツはhttp://www.japanbasketball.jp/https://www.sports-reference.com/cbb/https://basketball.realgm.com/https://www.basketball-reference.com/を参考に筆者が独自に集計したものです。

*2:不明部分は「-」と表記しています。