Digin' NBA

気になるアレコレを深堀りする

720億円超え!レブロン・ジェームズの契約と年俸をまとめました



スポンサーリンク

ネイチャーカン セール情報

画像引用元:https://naturecan-fitness.jp/ 

現在Naturecan Fitness公式サイトでは、人気のプロテインやサプリメントが最大40%OFFで購入できる節分セールを開催中!

クーポンコード【diginnba】使用すると、そこからさらに15%OFFで購入できます!!


\ クーポン適用はこちら!/
公式サイトのセール会場を見る





スポンサーリンク






キャリア20年目を迎えて、いまなおNBAのトップを走り続けるレブロン・ジェームズ

そんなレブロンは、2022年8月にロサンゼルスレイカーズと2年間の契約延長を結んでいます。


この契約によってレブロンの通算サラリーは約720億円に到達し、史上最多の報酬を得るNBA選手となりました。

今回はレブロンこれまでに結んできた契約や年俸をまとめて紹介します。





押さえておきたいポイント

"レブロン・ジェームズの年俸と契約"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. レブロン・ジェームズって?
  2. これまでの経歴は?
  3. どんな契約を結んできたの?
  4. 各シーズンの年俸は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"レブロン・ジェームズの年俸と契約"について紹介していきます。



レブロン・ジェームズについて

まずはレブロンについて改めて見ておきましょう。

ここでは簡単なプロフィールと経歴について紹介します。


簡単なプロフィール



  • 身長:206cm
  • 体重:113kg
  • ポジション:SF/PF
  • NBAキャリア:2003〜


「キング」ことレブロン・ジェームズ

2022-23シーズンにNBAキャリア20年目を迎えるレブロンは、これまでに4度のNBAチャンピオン、オールスター18回選出など数々の輝かしい経歴を残しています。



これまでの経歴


2003年ドラフト全体1位NBA入りしたレブロンは、これまでに上記3つのチームでプレーしてきました。

レブロンは所属したこれらのチーム全てをNBAチャンピオンへと導いています。


ちなみに3つの異なるチームでファイナルMVPを獲得しているのは、NBAの長い歴史の中でもレブロン・ジェームズただ一人です。

こういった点も、彼がGOAT(史上最高の選手)と呼ばれる理由の一つでしょう。


Bリーグが最大6ヶ月無料!/
バスケットLIVEのキャンペーンを見る




レブロン・ジェームズの契約まとめ

ではここから、レブロン・ジェームズNBAキャリアで結んできた契約を見ていきましょう。

各契約の契約年数や契約金額なども合わせてご覧下さい。 *1


レブロン・ジェームズの契約一覧

まずはレブロン・ジェームズ結んできた契約を一覧で紹介しておきます。

レブロンがこれまでに結んできた契約は以下の通り。


契約一覧

  • 2003〜2007:4年 $18,788,540
  • 2007〜2011:4年 $60,380,987
  • 2010〜2016:6年 $109,837,500
  • 2014〜2016:2年 $42,217,798
  • 2015〜2017:2年 $46,974,673
  • 2016〜2019:3年 $99,857,127
  • 2018〜2022:4年 $153,312,846
  • 2021〜2023:2年 $85,655,532
  • 2023〜2025:2年 $97,133,373


契約にはプレイヤーオプションや早期終了オプションなどが含まれているため、シーズンが被っていたりと少し複雑です。

各契約についてもう少し踏み込んで見ておきましょう。



2003〜2007




ドラフト全体1位でクリーブランドキャバリアーズに指名されたレブロン・ジェームズは、キャブスと3年$12.9millionの契約を結びました。

NBA4年目には$5.8millionのチームオプションが行使されましたので、結果的には4年間で$18,788,540の契約となっています。




2007〜2011


ルーキー契約の4年間で3度のALL NBA TEAMに選出されたレブロン

当然チームも契約延長を提示し、4年$60,380,987の契約延長を締結しました。

ちなみに4年目はプレイヤーオプションで、後にレブロンはこのオプションを破棄しています。



2010〜2016

  • 所属:マイアミヒート
  • 契約期間:6年
  • 契約金額:$109,837,500


2009-10シーズンのプレイヤーオプションを破棄しフリーエージェントとなったレブロンは、マイアミヒートへの移籍を発表しました。

移籍はサイン&トレードの形で行われ、トレード前にクリーブランドキャバリアーズ6年$109,837,500の契約を結んでいます。

この契約は4年目・5年目で契約を終了できる早期終了プション付き。

実際レブロンは2013-14シーズンに早期終了プションを行使し、再びフリーエージェントとなります。




2014〜2016


マイアミヒート4年目の2013-14シーズン終了時に早期終了プションを行使し、レブロンは再び古巣のクリーブランドキャバリアーズへと戻ります。

その際にはキャブスと2年42,217,798の契約を結びました。

この契約の2年目はプレイヤーオプションです。



2015〜2017


レブロンは2015年にクリーブランドキャバリアーズと再契約をし、2年$46,974,673という契約を結び直しました。

先程の契約と同様に、こちらも2年目はプレイヤーオプション付き。

こういったプレイヤーオプション付きの短い契約を重ねている背景には、ちょうどこのときNBAと放送局の放映権交渉が控えていたという背景があります。

放映権料などが増えサラリーキャップの上昇が予想されるため、シーズン終了後に柔軟な対応ができるようにしているわけです。



2016〜2019




2016年、レブロンキャバリアーズ3年99,857,127の契約を結びました。

短期での柔軟な対応が実を結び、この契約でついにリーグ最高年俸選手の座を手に入れています。

ちなみに、この契約の最終年ももちろんプレイヤーオプションです。



2018〜2022

  • 所属:ロサンゼルスレイカーズ
  • 契約期間:4年
  • 契約金額:$153,312,846


2018-19シーズンのプレイヤーオプションを破棄しフリーエージェントとなったレブロンは、ロサンゼルスレイカーズへの移籍を発表しました。

このときレイカーズとは、4年153,312,846という大型契約を結んでいます。

レブロンはついに歴代最高年俸を稼ぐ選手となり、名実ともに史上最高の選手へとまた一歩歩みを進めました。



2021〜2023

  • 所属:ロサンゼルスレイカーズ
  • 契約期間:2年
  • 契約金額:$85,655,532


2020年12月、ロサンゼルスレイカーズレブロン2年$85,655,532の契約延長締結を発表しました。

これでレブロンレイカーズとの契約は2022-23シーズンまで続くことに。

「2023年」=「息子ブロニー・ジェームズの高校卒業年度」というのがポイントです。



2023〜2025

  • 所属:ロサンゼルスレイカーズ
  • 契約期間:2年
  • 契約金額:$97,133,373


2022年8月、ロサンゼルスレイカーズレブロン2年$97,133,373の契約延長締結を発表しました。

これでレブロンレイカーズとの契約は2024-25シーズンまで続くことに。

レブロンは少なくとも1年間は息子ブロニーNBAでプレーするだろうと言われていますので、ブロニーNBA入りの資格を得る2024-25シーズンの動向に注目です。


Bリーグが最大6ヶ月無料!/
バスケットLIVEのキャンペーンを見る





レブロン・ジェームズの年俸まとめ


ここまではレブロンの契約について見てきました。

次は各シーズンの年俸を一覧で紹介します。


レブロン・ジェームズ 年俸一覧(スクロール可能)

シーズン 年俸
2003-04 $4,018,290
2004-05 $4,320,360
2005-06 $4,621,800
2006-07 $5,828,090
2007-08 $13,041,250
2008-09 $14,410,581
2009-10 $15,779,912
2010-11 $14,500,000
2011-12 $12,896,159
2012-13 $17,545,000
2013-14 $19,067,500
2014-15 $20,644,400
2015-16 $22,970,500
2016-17 $30,963,450
2017-18 $33,285,709
2018-19 $35,654,150
2019-20 $37,436,858
2020-21 $39,219,566
2021-22 $41,180,544
2022-23 $44,474,988
2023-24 $46,698,737
2024-25 $50,434,636


2024-2025シーズンまでの年俸を合計すると、通算で$528,992,480という桁外れのサラリーを稼ぎ出すことに。

日本にすると約720億円。($1=130円の場合)


最近ではスーパーマックス契約の選手が増えたことによりリーグ最高年俸選手の座を明け渡していたレブロンですが、2023-24シーズンには再びレブロンがその座につくと予想されています。

今後の契約や活躍にも期待しましょう。


Bリーグが最大6ヶ月無料!/
バスケットLIVEのキャンペーンを見る




まとめ


今回はレブロン・ジェームズの契約・年俸をまとめて紹介しました。

この先の契約などにも是非注目してみて下さい。




最後に

「まとめ」カテゴリーでは他にもNBAに関してまとめた記事を投稿していますので是非覗いてみてください。

「まとめ」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.spotrac.com/




*1:この記事で紹介する情報はhttps://www.spotrac.com/を元に作成しています。