Digin' NBA

知識0からNBAが解るブログ

2020-21シーズン「ワシントン大学」出身NBA選手まとめ



スポンサードリンク



スポンサードリンク






2020-21シーズンのNBAでは、個人的にオーランドマジックのマーケル・フルツに注目していました。

フルツといえば2017年のドラフト全体1位で、名門ワシントン大学出身の選手。


ワシントン大学はこれまでにも多くのNBA選手を輩出していますが、現在のNBAには何人のワシントン大出身選手が在籍しているのでしょうか?

ということで今回は2020-21シーズンのワシントン大学出身NBA選手をまとめました。


2020-21シーズンの大学別「現役NBA選手」輩出数ランキングも合わせてご覧ください。





押さえておきたいポイント

ワシントン大学出身のNBA選手”を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. ワシントン大学って?
  2. NCAAでは強豪校なの?
  3. ワシントン大学出身の現役選手は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、”ワシントン大学出身のNBA選手”を紹介していきます。



ワシントン大学

まずはワシントン大学の概要について紹介しておきます。

ワシントン大学男子バスケットボールチームの「基本情報」と「NCAA」における立ち位置についてざっくり確認しておきましょう。*1


基本情報


  • チーム名:Huskies
  • ヘッドコーチ:Mike Hopkins
  • 本拠地:Seattle, Washington
  • NBA選手をこれまでに39人輩出



NCAA


  • ディビジョン:Division Ⅰ
  • 所属:Pac-12
  • NCAAトーナメント出場:17回
  • トーナメント通算戦績:19勝18敗
  • Final Four:1回
  • Championship:0回




出身大学

ではここから2020-21シーズンの開幕ロスターを元にワシントン大学出身のNBA選手を紹介します。

ワシントン大学はこれまでに合計39人のNBA選手を輩出、2020-21シーズンには9人NBA開幕ロスター入りを果たしました。*2



Terrence Ross


  • チーム:Orlando Magic
  • ドラフト:2012年1巡目全体8位指名
  • キャリア:2012〜



Justin Holiday

  • チーム:Indiana Pacers
  • ドラフト:ドラフト外
  • キャリア:2012〜



Dejounte Murray


  • チーム:San Antonio Spurs
  • ドラフト:2016年1巡目全体29位指名
  • キャリア:2016〜



Marquese Chriss

  • チーム:Golden State Warriors
  • ドラフト:2016年1巡目全体8位指名
  • キャリア:2016〜



Markelle Fultz


  • チーム:Orlando Magic
  • ドラフト:2017年1巡目全体1位指名
  • キャリア:2017〜



Jaylen Nowell

  • チーム:Minnesota Timberwolves
  • ドラフト:2019年2巡目全体43位指名
  • キャリア:2019〜



Matisse Thybulle

  • チーム:Philadelphia 76ers
  • ドラフト:2019年1巡目全体20位指名
  • キャリア:2019〜



Jaden McDaniels


  • チーム:Minnesota Timberwolves
  • ドラフト:2020年1巡目全体28位指名
  • キャリア:2020〜



Isaiah Stewart

  • チーム:Detroit Pistons
  • ドラフト:2020年1巡目全体16位指名
  • キャリア:2020〜






まとめ

今回はワシントン大学出身のNBA選手をまとめて紹介しました。

毎年ワシントン大学には優秀な選手が多く在籍していますので、来季以降も出身選手に注目してみてください。




最後に

「まとめ」カテゴリーでは他にもNBAに関してまとめた記事を投稿していますので是非覗いてみてください。
「まとめ」カテゴリーの記事一覧




(参考)
http://www.espn.com/nba/players
https://www.basketball-reference.com/



*1:ここで紹介する情報は2020年12月時点のhttps://www.espn.com/より抜粋

*2:歴代の選手数は、NBAで1試合でも出場していることを条件として2020年12月時点のhttps://www.basketball-reference.com/より抜粋