Digin' NBA

知識0からNBAが解るブログ

NBAからオーストラリアのNBLに移籍した選手を紹介します



スポンサードリンク

代表戦を観るならDAZN


DAZNではアジアカップやワールドカップなどの日本代表戦を配信中!

今ならお試し1ヶ月無料で、いつでもどこでも好きなスポーツを気軽に楽しむことが出来ます。


無料トライアルの開始はこちら




スポンサードリンク






日本のBリーグからNBAへの挑戦を続ける馬場雄大選手。

2021年は新たにオーストラリアNBLへと舞台を移し、念願のNBAに向けてさらなる飛躍が期待されています。


移籍理由の一つとして馬場選手は「NBLのレベルの高さ」を挙げていましたが、実際NBLにはNBAで活躍した選手たちも多く在籍してきました。

ということで今回の記事ではNBAからNBLに移籍した選手たちを紹介したいと思います。





押さえておきたいポイント

NBAからNBLに移籍した選手”を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. NBLってどんなリーグ?
  2. NBLスケジュールは?
  3. NBAからNBLに移籍した選手は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、”NBAからNBLに移籍した選手”を紹介していきます。



NBL

まずはNBLについて改めてざっくりと確認しておきましょう。

ここではNBLの概要、スケジュールを紹介します。


NBLとは

NBLNational Basketball Leagueは1979年に設立されたオーストラリアとニュージーランドに拠点を置くバスケットボールトップリーグです。

現在は9つのチームで構成されており、今後新たに"Tasmania JackJumpers"が参入することも発表されています。


参入チーム

  • Adelaide 36ers
  • Brisbane Bullets
  • Cairns Taipans
  • The Hawks
  • Melbourne United
  • NZ Breakers
  • Perth Wildcats
  • S.E. Melbourne Phoenix
  • Sydney Kings
  • Tasmania JackJumpers ※


先日ジョン・ウォールがS.E. Melbourne Phoenixに投資し、チームのオーナーシップに参加したことも話題となりました。

オーストラリア国内のみならず世界中のバスケットボールファンが注目するNBLには、多くの現役NBA選手たちも関心を持っているそうです。


以前からNBANBLの繋がりは非常に強く、シーズン開幕前に両リーグの交流戦も開催されています。

NBAチームのフロントもNBLには注目していますので、NBLで活躍した選手が後にNBA入りすることは珍しくありません。



2021年のスケジュール

NBLは通常10月から翌年2月にかけてレギュラーシーズンが実施されます。

レギュラーシーズン終了後には上位チームによるNBL FinalとGrand Finalが行われ、その年のNBLチャンピオンが決まるという流れです。


例年なら10月にシーズンが開幕するNBLですが、新型コロナウイルス拡大の影響で2020-21シーズンの開幕は2021年1月10日まで延期となりました。

シーズン中のスケジュールは段階的に確定されますので、詳しい日程はNBL公式ホームページからダウンロードしてみて下さい。




NBAからNBLに移籍した選手

では本題であるNBAからNBLに移籍した選手を紹介していきます。

両リーグでのスタッツなども比較しながら見ていきましょう。*1


Andrew Bogut



  • NBAキャリア:2005〜2018、2018〜2019
  • 所属チーム:Milwaukee Bucksなど
  • スタッツ:9.6 PTS 8.7 REB 2.2 AST
  • NBLキャリア:2018〜2020
  • 所属チーム:Sydney Kings
  • スタッツ:10.0 PTS 10.3 REB 3.1 AST


まず最初に紹介するのは、NBAで10年以上のキャリアを過ごしたレジェンドビッグマンのアンドリュー・ボーガットです。


2005年のNBAドラフトでミルウォーキーバックスから全体1位指名を受けたボーガット。

ご存知の通り2015年にはゴールデンステートウォーリアーズでNBAチャンピオンにも輝いています。


2018年に母国のNBLへと移籍したボーガットは、シーズン平均11.4得点11.6リバウンド3.4アシストという素晴らしい数字をマーク。

その年のMVP、最優秀守備選手賞、All-NBL 1stチームに選ばれました。


NBLのシーズンオフにはNBAに戻りウォーリアーズのNBAファイナル進出にも貢献したボーガットでしたが、度重なる怪我や新型コロナウイルスの影響から2020年12月に引退を発表しています。



Patty Mills



  • NBAキャリア:2009〜
  • 所属チーム:San Antonio Spursなど
  • スタッツ:8.8 PTS 1.7 REB 2.3 AST
  • NBLキャリア:2011
  • 所属チーム:Melbourne Tigers
  • スタッツ:18.6 PTS 2.3 REB 5.0 AST


サンアントニオスパーズで活躍するパティ・ミルズもかつてNBLでプレーした経験がある選手です。

2011年に起こったNBAロックアウトによってプレー場所を海外に求めたミルズは、母国のNBLメルボルンタイガースと契約します。


9試合という短い期間でしたが、平均18.6得点5.0アシストという素晴らしい成績をマークしました。

その後は中国リーグでのプレーを経て再びNBAに戻り、現在に至るまでサンアントニオスパーズでプレーしています。



Josh Childres



  • NBAキャリア:2004〜2007、2010〜2014
  • 所属チーム:Atlanta Hawksなど
  • スタッツ:9.1 PTS 4.7 REB 1.6 AST
  • NBLキャリア:2014〜2016、2017〜2018
  • 所属チーム:Sydney Kingsなど
  • スタッツ:16.9 PTS 7.6 REB 3.1 AST


Bリーグでも活躍したジョシュ・チルドレスNBAからNBLに移籍した選手の一人です。

2004年のNBAドラフト全体6位指名でアトランタホークスに入団したチルドレスは、10シーズンに渡って複数のNBAチームやギリシャリーグでプレーしました。


2014年にはNBLシドニーキングスと契約し、何かと問題もありながら平均21.1得点9.2リバウンドの活躍を見せます。

その後Bリーグの三遠ネオフェニックスやGリーグのテキサスレジェンスでもプレーしていますので、日本のバスケファンからも非常に知名度の高い選手です。



Al Harrington



  • NBAキャリア:1998〜2014
  • 所属チーム:Indiana Pacersなど
  • スタッツ:13.5 PTS 5.6 REB 1.7 AST
  • NBLキャリア:2015〜2016
  • 所属チーム:Sydney Kings
  • スタッツ:17.7 PTS 6.8 REB 2.7 AST


1998年のドラフト1巡目全体22位指名でインディアナペイサーズに入団したアル・ハリントンNBLに移籍しています。

ハリントンといえば7つのチームを渡り歩きNBAキャリア16年を過ごしたジャーニーマン


2014年には現役引退を表明していましたが、その後NBLシドニーキングスで平均17.7得点6.8リバウンドという成績を残しています。

現在は大麻関連のビジネスで活躍しているようです。



Steve Blake



  • NBAキャリア:2003〜2016
  • 所属チーム:Washington Wizardsなど
  • スタッツ:6.5 PTS 2.1 REB 4.0 AST
  • NBLキャリア:2016〜2017
  • 所属チーム:Sydney Kings
  • スタッツ:5.9 PTS 2.3 REB 2.3 AST


2003年から14年間NBAでプレーしたティーブ・ブレイクNBAからNBLに移籍しています。

ブレイクもハリントンと同じく9つのNBAチームを渡り歩いたジャーニーマン


2015年に移籍したシドニーキングスでは9試合に出場し、平均5.9得点2.3アシストを記録しています。

2017年からは指導者としてNBAに戻り、2019-20シーズンにはフェニックスサンズのアシスタントコーチも勤めました。



この他にもHakim Warrick、Jonny Flynn、Cedric Jackson、Andre Brown、Eddie Gillなど50名以上の選手がNBAからNBLへと移籍しています。


NBLにはNBAだけでなく世界中から優秀な選手たちが集まってきますので、リーグの人気も非常に高まっているようです。

今後もNBLに移籍する選手たちには注目しておきましょう。




まとめ

今回はNBLからNBAにデビューした選手たちを紹介しました。

世界中には様々なリーグが存在していますので、NBAだけでなく世界のバスケットボールも楽しみたいですね。




最後に

このブログでは他にもNBLに関する記事を投稿していますので、こちらも合わせてご覧ください。



「特集記事」というカテゴリーではNBAの様々なトピックについて投稿していますので是非覗いてみてください。
「特集記事」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.basketball-reference.com/



*1:ここで紹介するスタッツは記事作成時点のhttps://www.basketball-reference.com/より抜粋