Digin' NBA

NBAとかプロテインとか。

実際に払ってみた!マイプロテインの関税と返金制度を解説



スポンサードリンク

ハッピーウィークデー開催中

画像引用元:https://www.myprotein.jp/ 

マイプロテイン公式サイトでは人気のビタミン・ミネラルサプリメントが50%OFF


「50%OFF対象商品」はこちら



さらに今なら初回購入キャンペーンで、お好きな商品が通常価格の40%OFFに!


キャンペーンを利用する




スポンサードリンク






以前このブログではマイプロテインのお得な買い方や割引コードについて紹介しました。


そこでも少し触れましたが、マイプロテインを購入する際にネックとなるのが関税です。

今回はそんなマイプロテインの関税について、実際に関税を支払った体験を元に色々と解説していきたいと思います。


関税を回避する方法や関税代金返金制度についても合わせて見ていきましょう。*1 *2





押さえておきたいポイント

”マイプロテインの関税”を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 関税ってそもそも何?
  2. どんなときに掛かる?
  3. 関税はいつ・どうやって払う
  4. 関税を避けるには?
  5. 返金制度って何?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、”マイプロテインの関税”を解説していきます。



関税

まずは関税についてざっくりと確認しておきましょう。

関税の概要やマイプロテインで掛かる関税について紹介します。


関税とは

そもそも関税とは「輸入品に課される税」のこと。

マイプロテインを購入する際は海外から商品を輸入することになりますので、ある一定の条件を満たした場合にこの関税が発生します。


関税について調べると非常に複雑で混乱しがちですが、マイプロテインを購入する際に知っておくべきポイントは主に2つです。

次はそんなマイプロテインで掛かる関税について見ていきましょう。



マイプロテインの関税

マイプロテインを利用する際に関税が掛かるのは、基本的に以下の2つの場合です。


関税が掛かるのは...

  • 注文金額が合計16,666円を超える場合
  • 衣料品を購入した場合


まず1つ目は注文金額が合計16,666円を超える場合。

マイプロテインで何か商品を購入する際には、合計金額が16,666円をオーバーすると関税を支払うことになります。


この辺りの詳細は税関HPの「課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について」で詳しく解説されていますが、細かく知っておく必要は特にないかもしれません。

とりあえず知っておくべき1つ目のポイントは、注文金額が16,666円を超えると関税を払わなといけないということです。


しかしながら注文金額を16,666円以内に抑えた場合でも、関税がかかってしまうことがあります。


それはスポーツウェアなどの衣料品を購入した場合です。

衣料品を購入する際には、注文金額に関わらず一律10%ほどの関税が掛かります。


f:id:jasonKIDO:20210417222450p:plain

画像引用元:税関 Japan Customs


この関税10%は注文の合計金額ではなく、衣料品のみの金額に掛かってきます。

例えば5,000円のプロテインと3,000円のスポーツウェア、合計8,000円分の商品を購入したとしましょう。


この場合注文金額8,000円ではなく、スポーツウェアの3,000円にのみ関税が掛かります。

なので注文金額とは別に「3,000円×10%=300円」ほどの関税を支払うことになるわけです。


マイプロテイン衣料品を購入する際にはどんなに少額の注文でも関税が掛かるというポイントを押さえておきましょう。


マイプロテイン 公式サイト




実際に払ってみた

では関税を支払うことになった場合、いつ・どのように支払えば良いのでしょうか。

ここでは実際に筆者が関税を支払った体験を元に、注文から関税支払いまでの一連の流れを紹介します。


衣料品を購入

まずはいつものようにマイプロテインで欲しい商品を購入しました。

今回はフーディーやキャップなどの商品をいくつか。


f:id:jasonKIDO:20210417222846p:plain


合計の注文金額は14,659円ですので、当然16,666円の壁は超えていません。

なので注文した商品のうち、衣料品のみに関税が掛かることになります。



通常配送

配送方法は普段から使っている追跡配送を選択しました。


f:id:jasonKIDO:20210417222917p:plain


追跡配送を選んだ場合には、基本的にヤマト運輸の国際宅急便で商品が送られてきます。

追跡履歴はこんな感じです。


f:id:jasonKIDO:20210417230029p:plain

画像引用元:ヤマト運輸


この画面だと何故か国内到着から進んでいませんが、詳細ページでは配達まで反映されています。


f:id:jasonKIDO:20210417222939p:plain

画像引用元:ヤマト運輸


輸送の流れは、関税が掛からない注文の場合と特に変わりありません。

商品が届くのを気長に待ちましょう。



商品受け取り

いよいよ商品の到着です。

関税は基本的に荷物を届けてくれた配達員の方に支払います


荷物受取時にヤマトの配達員の方から「着払いのお荷物があります」と言われました。

厳密には関税の支払いですが、ヤマトの伝票自体は着払い扱いとなっています。


今回支払った関税は合計700円


f:id:jasonKIDO:20210417223030j:plain


印字がズレていて見づらいですが、左は詳細、右は金額内訳が表記されています。

為替変動などで実際には注文金額のちょうど10%というわけではありません。


場合によっては何故か関税が掛かっていない商品があったりもしますので、そのあたりは臨機応変に対応しましょう。

今回は合計が700円でしたので、配達員の方にその場で700円お渡しして関税の支払いは完了です。


ここでは通常のヤマトの追跡配送を利用した場合の支払い方法を紹介しましたが、基本的には他の配送方法でも支払い方法は同じ。

関税は荷物受け取り時に配達員の方に支払うというポイントを押さえておきましょう。




回避する方法と返金制度

ここまで関税の概要との支払い方について紹介してきましたが、逆に関税を掛けないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

マイプロテインの関税を回避するためのポイント、関税代金返金制度について紹介していきます。



16,666円ギリギリはNG

先述の通り注文金額が16,666円を超えた場合には関税が発生してしまいます。

なので関税を避けるためには、まず注文金額を16,666円以内に抑えましょう


ちなみにこの注文金額というのは割引後の金額です。

各種割引コードなどを適用した金額ですので、下の画像でいうと15,307円の部分。


f:id:jasonKIDO:20210417223711j:plain


ただし16,666円以内で注文していても関税が掛かることがあります。

それは為替変動によって、税関を通過する際には実際の注文金額が16,666円をオーバーしてしまうパターンです。


f:id:jasonKIDO:20210417223741p:plain

画像引用元:Yahoo!ファイナンス


仮に商品を購入したときに注文金額が16,600円だったとしても、税関通過時に為替変動で16,800円になっていたらこの注文には関税が掛かります。

せっかくセールを利用してお得に購入したつもりでも、追加で関税を支払うことになれば元も子もありません。


無料ギフトが貰えるからと16,666円ギリギリまで注文してしまうと、関税がかかる可能性が十分にあるということを頭に入れておきましょう。



注文金額は15,500円ほどで

そこで大事になってくるのが、注文金額を15,500円ほどで抑えることです。

筆者はこれまでにマイプロテインで40回以上注文していますが、15,500円程度で抑えておいて関税が掛かったことは一度もありません。(衣料品は除く)


f:id:jasonKIDO:20210417223903p:plain


為替のことなんてよく分からないという方でも、とりあえず注文金額を15,500円ほどに抑えておけば基本的に大丈夫です。

一度の購入でなるべく多く購入するためにも、まとめ買いをするなら大型セールなどを狙いましょう。




衣料品は要注意

そして先ほど紹介した通り、衣料品を購入する場合は必ず関税が掛かります。

なので関税を払いたくない場合には、基本的に衣料品を購入しなければいいわけです。


しかしながらマイプロテインのスポーツウェアが充実しているのはご存知の通り。

金額以上に品質がいいので、筆者もトレーニングウェアの新作が出たときにはよく購入しています。


f:id:jasonKIDO:20210417230814j:plain


メンズの新作商品こちら

レディースの新作商品こちら


関税を払うのは正直嫌ですが、どうしても欲しい商品があるなら買わずにはいられません。

そんな方には2021年4月から始まった、スポーツウェア関税代金の返還制度がオススメです。



関税代金返金制度

マイプロテインではスポーツウェア商品を購入した場合、その関税代金を全額返金する制度が設けられました。

利用条件は以下の通りです。

  • 2021年4月12日(日本時間午前0時)以降の注文が対象
  • スポーツウェア購入時に支払った関税分のみ返金対象
  • 返金申し込みは商品到着後30日まで
  • マイプロテイン公式サイトから購入した製品のみ
  • マイプロテイン公式サイトで使用できるクレジットでの返金
  • 輸入消費税、通関手数料(立替納税手数料)は返金に含まれない


これはマイプロテインのスポーツウェアを購入する方には非常に嬉しい制度です。

折角ですので返金制度の利用方法もざっくりと見ておきたいと思います。



利用方法

マイプロテインでスポーツウェアを購入し関税を支払ったら、まずはマイアカウントにログインしましょう。


注文履歴から対象となる注文を選択し、ページ下部のお問い合わせフォームをタップ。

商品一覧が表示されますので、購入したスポーツウェアにチェックを入れます。


f:id:jasonKIDO:20210602224402j:plain


カテゴリーの欄で「返品と返金」を選択。

お問い合わせ本文には「スポーツウェア関税返金」と記入しましょう。


f:id:jasonKIDO:20210602223124j:plain


続いて下の「ファイルをアップロードする」をタップして支払った関税額が証明できる画像を添付します。

支払った関税額が証明できる画像というのは、配達伝票控えや関税・輸入消費税・通関手数料の内訳がわかるものです。


f:id:jasonKIDO:20210602223134j:plain


普段の配達伝票と同じような見た目なので、間違えて捨てずに保管しておくようにしましょう。


あとはカスタマーセンターから連絡が届くのを待つのみです。

後日アカウントクレジットに、支払った関税分が追加されます。


返金制度の詳細はこちら



関税返金制度については別の記事でも解説しています。

返金までの流れを実際の画像付きで詳しく紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。






スポンサードリンク






まとめ

今回はマイプロテインの関税について解説しました。

返金制度なども利用して、お得にマイプロテインを楽しみましょう。


マイプロテイン 公式サイト



最後に

プロテインというカテゴリーでは、他にも様々なプロテインに関する情報を紹介しています。

「プロテイン」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.customs.go.jp/index.htm



*1:この記事で紹介する情報は、記事作成時点でのものです。最新の情報は公式ホームページ等をご覧ください。

*2:この記事で紹介する情報は筆者個人の体験を元にしたものです。筆者は関税や法律の専門家ではありませんので、参考程度にご覧ください。万が一輸入の際に損害等が発生した場合にも一切責任を負いかねますので、商品を購入する際はあくまで自己責任でお願いします。