Digin' NBA

NBAとかプロテインとか。

知らなきゃ損する!ネイチャーカンの関税について解説します



スポンサードリンク

ハッピーウィークデー開催中

画像引用元:https://www.myprotein.jp/ 

マイプロテイン公式サイトでは人気のビタミン・ミネラルサプリメントが50%OFF


「50%OFF対象商品」はこちら



さらに今なら初回購入キャンペーンで、お好きな商品が通常価格の40%OFFに!


キャンペーンを利用する




スポンサードリンク






以前このブログではNaturecan Fitnessを送料無料で購入する方法について紹介しました。


Naturecan Fitnessを購入する際には、送料以外にも関税というものに注意しなければなりません。

ということで今回はNaturecan Fitnessで知っておくべき関税について解説していきます。*1 *2





押さえておきたいポイント

”Naturecanの関税”を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 関税ってそもそも何?
  2. どんなときに掛かる?
  3. 関税はいつ・どうやって払う
  4. 関税を避けるには?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、”Naturecanの関税”について紹介していきます。



関税

まずは関税について改めて確認しておきましょう。

ここでは関税の概要や、Naturecan Fitnessで掛かる関税について見ていきます。


関税とは

関税とは「輸入品に課される税」のことです。

Naturecan Fitnessで購入する際は基本的に海外から商品を輸入することになりますので、ある一定の条件を満たすとこの関税が発生します。


関税は調べてみると複雑で混乱しがちですが、Naturecan Fitnessで知っておくべきポイントは基本的に1つです。

次はそんなNaturecan Fitnessで掛かる関税について見ていきましょう。



Naturecan Fitnessの関税

Naturecan Fitnessでは以下の条件を満たすと関税が掛かってきます。


関税が掛かるのは...

  • 注文金額が合計16,666円を超える場合


ポイントは注文金額が合計16,666円を超えるかどうかです。

Naturecan Fitnessに限らず、個人で海外から商品を輸入する際には注文金額が16,666円をオーバーすると関税を支払うことになります。


厳密には「注文金額に0.6を掛けた金額が1万円を超えると課税対象」となるわけですが、別にそこまで理解しておかなくても大丈夫です。

詳しくは「パンフレット:個人輸入 通関案内」「課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について」をご覧下さい。


とにかくNaturecan Fitnessを購入する際に知っておくべきポイントは、注文金額が16,666円を超えると関税を払わなといけないということ。

注文金額が16,666円を超えた場合には、関税・消費税・通関料などが発生します。


次は実際に筆者が支払った関税の詳細やその支払い方法について見ていきましょう


→ Naturecan Fitness 関税の詳細は こちら




実際に払ってみた

関税を支払うことになった場合、いつ・どのように支払えば良いのでしょうか。

ここでは実際に筆者が関税を支払った体験を元に、関税支払いまでの流れを紹介します。



16,666円以上の商品

先日、有り難いことにNaturecan Fitness様から商品をお贈りいただきました。

イギリスから発送していただいたのは、人気のクリアホエイプロテインアイソレートです。


一個あたり約6,000円のクリアホエイプロテインアイソレートをまとめてお送りいただきましたので、商品の合計金額は16,666円を超えていました。

合計金額が16,666円を超えているということは、当然今回の場合も関税が掛かってきます。


では商品発送から支払いまでの流れを実際の画像付き見ていきましょう。



国際郵便での配送

Naturecan Fitnessから発送された商品は国際郵便で日本に配送されます。

今回は発送から10日で自宅に到着しました。


実際の追跡履歴はこちら。


f:id:jasonKIDO:20210629210310p:plain


「保税運送中」や「通関手続中」など、国際郵便ならではの行程が見受けられます。


到着を待っている間にこういった表記を見ると少し不安になるかもしれませんが、購入者側では特に手続きなど必要ありません。

関税がかかる場合もかからない場合も、購入者側は商品が到着するのを待つのみです。




関税の支払い

いよいよ商品の到着です。


関税は基本的に荷物を届けてくれた配達員の方に支払います

荷物受取時に配達員の方から「着払いのお荷物があります」や「◯◯円のお支払いがあります」と言われますので、内容に問題がなければその場で支払いましょう。


ちなみに筆者が今回支払ったのは合計1,700円

内訳は関税が800円、消費税等が700円、通関料が200円でした。


f:id:jasonKIDO:20210629210257j:plain


この課税通知書はダンボールに貼り付けられた袋に封入されています。

領収書や不服申立に関する書類なども同封されていますので、誤って捨ててしまわないように注意して下さい。


f:id:jasonKIDO:20210629210303j:plain


ここでは国際郵便を利用した場合の支払い方法を紹介しましたが、基本的には他の配送方法でも支払い方法は同じです。

関税は荷物受け取り時に配達員の方に支払うというポイントを押さえておきましょう。


Naturecan Fitness 公式サイトはこちら




関税を回避する方法

関税の概要や支払い方法などを紹介してきましたが、逆に関税を掛けないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

ここではNaturecan Fitnessで関税を回避する為のポイントや注意点について解説します。


16,666円ギリギリは危険

先述の通り、注文金額が16,666円を超えた場合には関税が発生してしまいます。

なので関税を避けるためには、注文金額を16,666円以内に抑えましょう


ちなみにこの注文金額というのは割引後の金額のことを指します。

各種割引コードなどを適用した金額ですので、下の画像でいうと14,728円の部分。


f:id:jasonKIDO:20210629210315p:plain


関税を避けるには、まずこの注文金額を16,666円に抑えるというのが大切です。


ただし16,666円未満で注文していても、場合によっては関税が掛かってくることがあります。

それは為替変動によって、税関を通過する時点での注文金額が16,666円をオーバーしてしまうパターンです。


f:id:jasonKIDO:20210417223741p:plain

画像引用元:Yahoo!ファイナンス


仮に商品を購入した際の注文金額が16,600円だったとしても、税関通過時に為替変動で16,800円になっているとこの注文には関税が掛かります。

セールやクーポンを利用してお得に購入したつもりでも、追加で関税を支払うことになれば元も子もありません。


なので16,666円ギリギリまで注文するというのは危険です。

16,666円ギリギリまで注文すると、為替の変動次第で関税がかかる可能性は十分にあるということを頭に入れておきましょう。



注文は15,500円まで

そこで大事になってくるのが、注文金額を15,500円ほどで抑えることです。

筆者はこれまでに海外から商品を50回以上注文していますが、注文金額を15,500円程度で抑えておいて関税が掛かったことは一度もありません


為替について詳しくないという方でも、とりあえず注文金額を15,500円ほどに抑えておけば基本的に大丈夫です。

一度の購入でなるべくお得に購入するためにも、セールやクーポンコードをうまく活用しましょう。


f:id:jasonKIDO:20210619105935p:plain


当サイト限定の特別クーポンコード【diginnba】を使えば、なんと全品15%OFFで購入可能です。

クーポンの詳細や使用方法については別の記事で解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。



→ クーポンコードの利用は こちら から




分割注文にも注意

Naturecan Fitness公式サイトには、関税についてこのような記載があります。

オーダー毎の申告となりますので、別のオーダーの場合はそれぞれでの申告となります。それぞれのオーダーが16666円未満であれば関税・消費税は発生いたしません。


仮に欲しい商品が23,000円分あったとします。

その際は10,000円と13,000円に分けて注文すれば、関税・消費税が発生しないということ。


確かに先程から何度も紹介している「合計16,666円以上の注文」というのは、一つのオーダーに対しての合計金額を指しています。

ということは16,666円以上の商品でも、それらを分割して別の注文という形にすればいいわけです。


しかしながらこの分割注文を行う場合にも注意すべきポイントがあります。

税関HPの「課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について」には以下のように記載されています。

ただし、同一差出人から同一名宛人に、同一時期に分散して郵送されたもの等(例えば、郵便物の重量制限により分割して郵送されたもの)は、当該分割されたすべての郵便物の課税価格を合計したものになります。

https://www.customs.go.jp/tokyo/zei/i_sodan1_7.htm


要するに、分割しても場合によっては同一注文だとみなされるということ。


どこまでが同一注文とみなされるかというのは微妙なラインです。

筆者のこれまでの経験で言うと、少なくとも注文を別の日に分けていれば関税は発生していません。


とはいえ同じ商品を大量に注文した場合などには、それらをまとめて同一注文とみなされることもあるようです。

セール時期などに分割で商品を購入する際には、こういったことにも注意しておいて下さい。


現在開催中のセール会場はこちら







スポンサードリンク






まとめ

今回はNaturecan Fitnessの関税について解説しました。

無駄な出費を抑えてお得にNaturecan Fitnessを楽しみましょう。




最後に

プロテインというカテゴリーでは、他にも様々なプロテインに関する情報を紹介しています。

「プロテイン」カテゴリーの記事一覧




(参考)
Naturecan Fitness公式ページ
東京税関HP



*1:この記事で紹介する情報は、記事作成時点でのものです。最新の情報は公式ホームページ等をご覧ください。

*2:この記事で紹介する情報は筆者個人の体験を元にしたものです。筆者は関税や法律の専門家ではありませんので、参考程度にご覧ください。万が一輸入の際に損害等が発生した場合にも一切責任を負いかねますので、商品を購入する際はあくまで自己責任でお願いします。