Digin' NBA

知りたいことが0からわかる

2021-22|NBAスモールフォワードの年俸ランキングTOP10



スポンサードリンク

NBA Rakuten最新情報

画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/ 

LEAGUE PASSのシーズンプランが、通常19,800円のところ今なら9,900円に大幅値下げ中です!!

今年9月に開催されるNBA JAPAN GAMESのチケット先行販売に参加できるのはLEAGUE PASS契約者だけ!


\ 今なら50%OFF!/
LEAGUE PASSの詳細はこちら




スポンサードリンク






このブログでは以前、2021-22シーズンNBAシューティングガード年俸ランキングを紹介しました。


調べてみると色々な発見がありましたので、別のポジションについても見ておきたいと思います。

ということで今回は、2021-22シーズンNBAスモールフォワード年俸ランキングを見ていきましょう。



その他のポジションについても2021-22シーズンの年俸ランキングを紹介していますので。興味がある方はこちらも覗いてみてください。





押さえておきたいポイント

"2021-22シーズンのスモールフォワード年俸ランキング"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 2021-22シーズンNBAサラリーキャップは?
  2. 過去10年と比べてどう?
  3. SFの年俸ランキングは?
  4. その選手の契約内容は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"2021-22シーズンのスモールフォワード年俸ランキング"について紹介していきます。



2021-22シーズンNBAのお金事情

まずは2021-22シーズンNBAサラリーキャップについてざっくりと確認しておきましょう。


NBAの発表によると、2021-22シーズンのサラリーキャップ$112,414,000とのこと。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた過去2シーズンはサラリーキャップが$109,140,000に留まっていましたので、そこから少しではありますが上昇していることが分かります。


f:id:jasonKIDO:20210923220040j:plain


ちなみに10年前の2011-12シーズンを見てみると、サラリーキャップはまだ$58,044,000でした。

そこからたった10年で、倍近くの金額にまで膨れ上がっています。


サラリーキャップが2倍になっているこということは、その分だけNBA選手の年俸も上昇しているということ。


特にNBAを代表するスター選手たちの年俸を見てみるとその上昇は顕著です。

10年前には考えられなかったような大型契約も次々に結ばれています。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



次は実際に2021-22シーズンの年俸ランキングを見てみましょう。




2021-22 SF年俸ランキング

ではここから2021-22シーズンのスモールフォワード年俸ランキングを紹介していきます。

各選手の契約内容も合わせてご覧下さい。 *1


第10位 Harrison Barnes



  • 2021-22 年俸:$20,284,091
  • チーム:Sacramento Kings
  • 契約内容:4年 $85,000,000(2023年まで)


2021-22シーズンのスモールフォワード年俸ランキング、第10位はサクラメントキングスのハリソン・バーンズです。

今季の年俸は$20,284,091で、チーム内ではディアロン・フォックスに次いで2番目に高いサラリーとなっています。


バーンズは2019年にキングスと4年$85,000,000の契約を結び、オールスター選手と何ら遜色のないサラリーを稼ぐようになりました。

ちなみにそんな彼がNBAで稼ぐようになってまず初めに購入したのは、ぐっすり安眠するためのマットレスだったそうです。



第9位 Brandon Ingram

  • 2021-22 年俸:$29,467,800
  • チーム:New Orleans Pelicans
  • 契約内容:5年 $158,253,000(2025年まで)


第9位にはニューオーリンズペリカンズのブランドン・イングラムが登場です。

イングラムは2020年にペリカンズと5年$158,253,000の契約を結びました。


これはいわゆるマックス契約です。

アンソニーデイビスが去ったチームでエースプレーヤーに成長したイングラムは、現在チームトップの年俸を稼いでいます。




第8位 Gordon Hayward

  • 2021-22 年俸:$29,925,000
  • チーム:Charlotte Hornets
  • 契約内容:4年 $120,000,000(2024年まで)


シャーロットホーネッツのゴードン・ヘイワードが第8位にランクイン。

2020年にボストンセルティックスから移籍する際、ヘイワードはサイン&トレードという形で4年$120,000,000の大型契約を結んでいます。


契約時からこの金額に対して多くの批判も見受けられましたが、若手中心のチームにとって彼のような存在が重要な役割を担っていることは間違いありません。

あとはシーズン終了まで怪我なくチームの成長を牽引できるかどうかが、彼の評価にも大きく関わってくるでしょう。




第7位 Andrew Wiggins



  • 2021-22 年俸:$31,579,390
  • チーム:Golden State Warriors
  • 契約内容:5年 $147,710,050(2023年まで)


ゴールデンステートウォーリアーズのアンドリュー・ウィギンスが第7位にランクインしました。

ウィギンスの年俸$31,579,390というのは、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンに次ぎチームで3番目に高いサラリーです。


開幕から絶好調のウォーリアーズにおいて、ウィギンスは攻守で堅実な仕事をこなしています。

ミネソタ時代から何となくパッとしない評価を受け続けてきたウィギンスですが、今季こそは念願のNBA制覇を果たすことが出来るのでしょうか。



第6位 Khris Middleton

  • 2021-22 年俸:$35,500,000
  • チーム:Milwaukee Bucks
  • 契約内容:5年 $177,500,000(2024年まで)


第6位はミルウォーキーバックスのクリス・ミドルトンです。

2019年に自身初のオールスター選出を経験したミドルトンは、その年バックスと5年$177,500,000の大型契約を結んでいます。


Dリーグ経験のある苦労人が今では年俸$35,500,000

そんな巨額の資産を活かし、2021年にはオーストラリアNBLブリスベンブレッツの共同オーナーになっています。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する




第5位 Tobias Harris

  • 2021-22 年俸:$35,995,950
  • チーム:Philadelphia 76ers
  • 契約内容:4年 $180,000,000(2024年まで)


フィラデルフィア76ersのトバイアス・ハリスが第5位にランクイン。

ハリスの今季年俸$35,995,950はリーグで13番目に高いサラリーです。


ちなみ今季NBAの年俸ランキングTOP25人の中で、オールスターに選出されたことがないのはハリスだけ。

シモンズ騒動で揺れるシクサーズにおいて、今季こそオールスター選出の夢を叶えることは出来るのでしょうか。




第4位 Jimmy Butler



  • 2021-22 年俸:$36,016,200
  • チーム:Miami Heat
  • 契約内容:4年 $140,790,600(2023年まで)


続いて第4位はマイアミヒートのジミー・バトラーです。

バトラーの現在の契約は4年$140,790,600で、さらに今夏ヒートと3年$146,396,031の契約延長を結んでいます。


この契約はバトラーが36歳になる2025-26シーズンまで続くことになりますが、彼の攻守に渡る活躍からすると納得の内容です。

親友のカイル・ラウリーの勧誘にも尽力し、今季はいよいよ念願のNBAチャンピオンを掴みに来ています。



第3位 Kawhi Leonard

  • 2021-22 年俸:$39,344,900
  • チーム:Los Angeles Clippers
  • 契約内容:4年 $176,265,152(2025年まで)


第3位にはロサンゼルスクリッパーズカワイ・レナードが登場です。

この夏レナードは4年$176,265,152の契約をクリッパーズと結びました。


これでクリッパーズはこの夏の至上命題であったレナードとポール・ジョージの契約を成し遂げたことになります。

レナードの復帰がいつ頃になるかによって、今季のリーグ状況は大きく変動するでしょう。



第2位 LeBron James

  • 2021-22 年俸:$41,180,544
  • チーム:Los Angeles Lakers
  • 契約内容:2年 $85,655,532(2023年まで)


ロサンゼルスレイカーズレブロン・ジェームズが第2位にランクイン。

レブロンの今季年俸は$41,180,544ですので、NBAキャリアトータルで$387,384,119を稼ぐことになります。


コート外の収入も合わせると先日ついに生涯収入が$1,000,000,000を突破し、ビリオネアの仲間入りを果たしたというニュースも話題になりました。

厳密には税金などを加味するとまだビリオネアは達成していないとの報道もありますが、キングが次なる称号を手にするのも時間の問題です。



第1位 Kevin Durant



  • 2021-22 年俸:$42,018,900
  • チーム:Brooklyn Nets
  • 契約内容:4年 $164,255,700(2023年まで)


2021-22シーズンのスモールフォワード年俸ランキング第1位に輝いたのは、ブルックリンネッツのケビン・デュラントです。

チームメイトのジェームズ・ハーデンは今季シューティングガード部門で年俸トップですので、ブルックリンが2つのポジションで最高サラリーの選手を抱えていることになります。


デュラントは2019-20シーズンにレブロンを抜いてスモールフォワード年俸トップに立って以来、そこから3年連続で第1位の座を守ってきました。

ちなみに2022-23シーズンのベースサラリーではレブロンがデュラントを上回る予定ですので、そのあたりにも注目しておきいたいと思います。


\ キャンペーンもCHECK!/
NBA Rakutenで試合を視聴する



今回紹介したTOP10以下のランキングも一覧にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。


2021-22 SF年俸ランキング(スクロール可能)

 順位  選手  チーム  年俸
1 Kevin Durant BKN  $42,018,900 
2 LeBron James LAL $41,180,544
3 Kawhi Leonard LAC $39,344,900
4 Jimmy Butler MIA $36,016,200
5 Tobias Harris PHI $35,995,950
6 Khris Middleton MIL $35,500,000
7 Andrew Wiggins GSW $31,579,390
8 Gordon Hayward CHA $29,925,000
9 Brandon Ingram NOP $29,467,800
10 Harrison Barnes SAC $20,284,091
11 Bojan Bogdanovic UTH $18,700,000
12 OG Anunoby TOR $16,071,429
13 Davis Bertans WAS $16,000,000
14 Marcus Morris Sr. LAC $15,627,907
15 Will Barton DEN $15,625,000
16 Duncan Robinson MIA $15,560,000
17 Doug McDermott SAS $13,750,000
18 Joe Ingles UTH $13,036,364
19 T.J. Warren IND $12,690,000
20 Kelly Oubre Jr. CHA $12,000,000
21 Kyle Anderson MEM $9,937,150
22 Derrick Jones Jr. CHI $9,720,900
22 Jae Crowder PHX $9,720,900
24 Reggie Bullock DAL $9,536,000
25 Royce O'Neale UTH $8,800,000
26 Cedi Osman CLE $8,133,334
27 De'Andre Hunter ATL $7,775,400
28 Patrick Williams CHI $7,422,000
29 Scottie Barnes TOR $7,280,520
30 Justin Holiday IND $6,006,420
31 Rudy Gay UTH $5,890,000
32 Kevin Knox NYK $5,845,978
33 Mikal Bridges PHX $5,557,725
34 Miles Bridges CHA $5,421,493
35 Michael Porter Jr. DEN $5,258,735
36 Troy Brown Jr. CHI $5,170,564
37 Franz Wagner ORL $5,007,840
38 Torrey Craig IND $4,878,049
39 Deni Avdija WAS $4,692,840
40 Cam Reddish ATL $4,670,160
41 Cameron Johnson PHX $4,437,000
42 Maurice Harkless SAC $4,347,600
43 Josh Okogie MIN $4,087,904
44  Dorian Finney-Smith  DAL $4,000,000
45 Jake Layman MIN $3,940,184
46 Justise Winslow LAC $3,902,439
47 Danuel House HOU $3,894,000
48 Aaron Nesmith BOS $3,631,200
49 Sekou Doumbouya BKN $3,613,680
50 Corey Kispert WAS $3,383,640




まとめ

今回は2021-22シーズンのシューティングガード年俸ランキングを紹介しました。

来季以降の年俸にも注目したいと思います。




最後に

「特集記事」というカテゴリーではNBAの様々なトピックについて投稿していますので是非覗いてみてください。

「特集記事」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.spotrac.com/



*1:ここで紹介する年俸額と各選手のポジションは記事作成時点のhttps://www.spotrac.com/に基づく