Digin' NBA

知りたいことが0からわかるブログ

2021-22|NBAパワーフォワードの年俸ランキングTOP10



スポンサードリンク

マイプロ セール情報

画像引用元:https://www.myprotein.jp/ 

マイプロテイン公式サイトでは29時間限定の給料日セールを開催中!

特別コード【TEAMJP】使用すると、割引率が51%OFFにまでアップします!!


\ 追加割引アリ!/
公式サイトで特別コードを使う




スポンサードリンク






このブログでは以前、2021-22シーズンNBAスモールフォワード年俸ランキングを紹介しました。


ランキングの中にも様々な発見がありましたので、別のポジションについても見ておきたいと思います。

ということで今回は、2021-22シーズンNBAパワーフォワード年俸ランキングを見ていきましょう。



その他のポジションについても2021-22シーズンの年俸ランキングを紹介していますので。興味がある方はこちらも覗いてみてください。





押さえておきたいポイント

"2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキング"を理解するために押さえておきたいポイントはざっくりとこんな感じです。

  1. 2021-22シーズンNBAサラリーキャップは?
  2. 過去10年と比べてどう?
  3. PFの年俸ランキングは?
  4. その選手の契約内容は?


ではこれらの疑問をしっかりと解決できるように、"2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキング"について紹介していきます。



2021-22シーズンNBAのお金事情

まずは2021-22シーズンNBAのお金事情についてざっくりと確認しておきましょう。


先日行われたNBAの発表によると、2021-22シーズンのサラリーキャップ$112,414,000に設定されたそうです。

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた過去2シーズンのサラリーキャップが$109,140,000でしたので、そこから少し上昇していることが分かります。


f:id:jasonKIDO:20210923220040j:plain


ちなみに10年前の2011-12シーズン、NBAサラリーキャップ$58,044,000でした。

グラフを見ても分かる通りこの10年で2倍近くにまで膨れ上がっています。


サラリーキャップが2倍になっているこということは、それだけNBA選手の年俸も上昇しているということ。

特にトップのスター選手たちの年俸を見るとその上昇は顕著です。


10年前には考えられなかったような大型契約も続々と結ばれ、年俸ランキングの金額もどんどん高額になってきています。

次は実際に2021-22シーズンの年俸ランキングを見ていきましょう。




2021-22 PF年俸ランキング

ではここから2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキングを紹介していきます。

各選手の契約内容も合わせてご覧下さい。 *1


第10位 Julius Randle



  • 2021-22 年俸:$21,780,000
  • チーム:New York Knicks
  • 契約内容:3年 $62,100,000(2022年まで)


2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキング第10位は、ニューヨークニックスのジュリアス・ランドルです。

今季の年俸$21,780,000はチーム最高額となっています。


そんなランドルは2020-21シーズンに平均24.1ポイント10.2リバウンド6.0アシストというキャリア最高の成績を残しました。

その結果2021年8月にはニックスと4年$117,089,280の契約延長を果たしています。



第9位 John Collins

  • 2021-22 年俸:$23,000,000
  • チーム:Atlanta Hawks
  • 契約内容:5年 $125,000,000(2026年まで)


第9位にはアトランタホークスのジョン・コリンズがランクイン。

コリンズはこの夏にホークスと5年$125,000,000の大型契約を結んでいます。


昨シーズンには4年$90,000,000という契約の打診を断ったコリンズ。

チームのカンファレンスファイナル出場に貢献し自身の価値を示したことで、より大きな契約を掴み取りました。



第8位 Draymond Green

  • 2021-22 年俸:$24,026,712
  • チーム:Golden State Warriors
  • 契約内容:4年 $99,666,362(2024年まで)


ゴールデンステートウォーリアーズのドレイモンド・グリーンが第8位にランクインしました。

チームの要として攻守に活躍するグリーンは、ウォーリアーズと4年$99,666,362の契約を結んでいます。


先日ウォーリアーズはステフィン・カリーとの契約延長も締結。

カリー、トンプソン、グリーンの強力トリオはもうしばらくの間見られそうです。



第6位 Jayson Tatum



  • 2021-22 年俸:$28,103,500
  • チーム:Boston Celtics
  • 契約内容:5年 $163,000,300(2026年まで)


同率の第6位にはボストンセルティックスのジェイソン・テイタムが登場です。

テイタムは昨シーズンでルーキー契約期間が終わり、今季から$28,103,500という高額サラリーになっています。


彼が結んでいる5年$163,000,300はいわゆるマックス契約

マックス契約については別の記事で紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。




第6位 Bam Adebayo

  • 2021-22 年俸:$28,103,500
  • チーム:Miami Heat
  • 契約内容:5年 $163,000,300(2026年まで)


テイタムと同額の$28,103,500で第6位にランクインしたのは、マイアミヒートのバム・アデバヨです。

アデバヨはテイタムと同期の2017年ドラフト組で、2020年に同じく5年$163,000,300の契約延長を結んでいます。


ちなみにアデバヨは今季のNBAで最も年俸がアップした選手

なんと2020-21シーズンの年俸から$22,988,008もアップしました。




第5位 Kevin Love

  • 2021-22 年俸:$31,258,256
  • チーム:Cleveland Cavaliers
  • 契約内容:4年 $120,402,172(2023年まで)


第5位はクリーブランドキャバリアーズケビン・ラブです。

ラブは現在4年$120,402,172という大型契約を結んでおり、今季の年俸も$31,258,256と超高額サラリーとなっています。


ただここ数シーズンはそのサラリーに見合った活躍が出来ているとは言えません。

若手選手が成長著しいキャブスにおいて、ラブの去就にも注目したいところです。



第4位 Kristaps Porzingis



  • 2021-22 年俸:$31,650,600
  • チーム:Dallas Mavericks
  • 契約内容:5年 $158,253,000(2024年まで)


ダラスマーベリックスクリスタプス・ポルジンギスが第4位にランクイン。

ポルジンギスは2019年にトレードでマブスに移籍し、その年に5年$158,253,000の契約延長を結びました。


ルカ・ドンチッチがチームの主役であることは間違いありませんが、ポルジンギスがいかに健康な状態を維持してドンチッチとのケミストリーを築けるかということも重要です。

来季はドンチッチの新契約が始まりサラリー状況も大きく変化しますので、今シーズンのポルジンギスの活躍次第で来季以降のチーム像もかなり変わってきそうです。



第3位 Pascal Siakam

  • 2021-22 年俸:$33,003,936
  • チーム:Toronto Raptors
  • 契約内容:4年 $136,905,216(2024年まで)


第3位にはトロントラプターズパスカル・シアカムがランクイン。

長年チームを支えたカイル・ラウリーが抜けた今シーズン、シアカムはチーム最高額の$33,003,936を稼ぎます。


新型コロナウイルスの影響で苦しんだ昨シーズンは、チームとの衝突が報道されることもありました。

ただラプターズが再びプレーオフに返り咲くためにもシアカムの活躍は欠かせません。



第2位 Anthony Davis

  • 2021-22 年俸:$35,361,360
  • チーム:Los Angeles Lakers
  • 契約内容:5年 $189,903,600(2025年まで)


惜しくも第2位にランクインしたのは、ロサンゼルスレイカーズアンソニーデイビスです。

昨年レイカーズと結んだ5年$189,903,600という大型契約の2シーズン目に入ります。


$35,361,360はリーグでも屈指の年俸額ですが、今季はチームにラッセル・ウェストブルックとレブロン・ジェームズという更に高額なサラリーの選手がいます。

単年契約のベテランスター選手が多い今季のレイカーズの中で、数少ない長期契約選手であることにも注目です。



第1位 Giannis Antetokounmpo



  • 2021-22 年俸:$39,344,900
  • チーム:Milwaukee Bucks
  • 契約内容:5年 $228,200,420(2026年まで)


2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキング第1位に輝いたのは、ミルウォーキーバックスのヤニス・アデトクンボです。

ヤニスは今回のランキングの中で唯一スーパーマックス契約を結んでいる選手。


その契約の5年目となる2025-26シーズン、プレーヤーオプションを行使すればその年俸は$51,935,268にまで膨れ上がる予定です。

2度のMVPを受賞しチームをNBAチャンピオンに導いたヤニスだからこそ許される破格の超高額サラリーと言えるでしょう。





今回紹介したTOP10以下のランキングも一覧にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。


2021-22 PF年俸ランキング(スクロール可能)

 順位  選手  チーム  年俸
1  Giannis Antetokounmpo  MIL  $39,344,900 
2 Anthony Davis LAL $35,361,360
3 Pascal Siakam TOR $33,003,936
4 Kristaps Porzingis DAL $31,650,600
5 Kevin Love CLE $31,258,256
6 Edrice Adebayo MIA $28,103,500
6 Jayson Tatum BOS $28,103,500
8 Draymond Green GSW $24,026,712
9 John Collins ATL $23,000,000
10 Julius Randle NYK $21,780,000
11 Danilo Gallinari ATL $20,475,000
12 Jerami Grant DET $20,002,500
13 Domantas Sabonis IND $19,800,000
14 Jonathan Isaac ORL $17,400,000
15 Aaron Gordon DEN $16,409,091
16 Lauri Markkanen CLE $15,690,909
17 Thaddeus Young SAS $14,190,000
18 Christian Wood HOU $13,666,667
19 Taurean Prince MIN $13,000,000
19 Kyle Kuzma WAS $13,000,000
21 Robert Covington POR $12,975,471
22 Kelly Olynyk DET $12,195,122
23 Marvin Bagley III SAC $11,312,114
24 Zion Williamson NOP $10,733,400
25 Larry Nance Jr. POR $10,690,909
26 Al-Farouq Aminu SAS $10,183,800
27 Montrezl Harrell WAS $9,720,900
28 Mason Plumlee CHA $9,248,333
29 Jaren Jackson Jr. MEM $9,180,560
30 Maxi Kleber DAL $8,975,000
31 Dario Saric PHX $8,510,000
32 JaMychal Green DEN $8,200,000
33 Chris Boucher TOR $7,020,000
34 Juan Hernangomez MEM $7,012,440
35 P.J. Tucker MIA $7,000,000
36 Khem Birch TOR $6,350,000
37 Onyeka Okongwu ATL $6,104,280
38 Jonathan Kuminga GSW $5,466,360
39 Kevon Looney GSW $5,178,572
40 Obi Toppin NYK $5,105,160
41 Rui Hachimura WAS $4,916,160
42 Taj Gibson NYK $4,910,000
43 Jeff Green DEN $4,500,000
44 Jalen Smith PHX $4,458,000
45 Bobby Portis MIL $4,347,600
46 PJ Washington CHA $4,215,120
47 Jarred Vanderbilt MIN $4,050,000
48 Mike Muscala OKC $3,500,000
49 Chuma Okeke ORL $3,277,080
50 Aleksej Pokusevski OKC $3,113,160




まとめ

今回は2021-22シーズンのパワーフォワード年俸ランキングを紹介しました。

来季以降の年俸にも注目したいと思います。




最後に

「特集記事」というカテゴリーではNBAの様々なトピックについて投稿していますので是非覗いてみてください。

「特集記事」カテゴリーの記事一覧




(参考)
https://www.spotrac.com/



*1:ここで紹介する年俸額と各選手のポジションは記事作成時点のhttps://www.spotrac.com/に基づく